So-net無料ブログ作成
ソチオリンピック ブログトップ

浅田真央は、やはり世界に愛されていた [ソチオリンピック]



さて〜、少し時間も経ってしまいましたが、余韻があまりにも心地よかったということで、落ち着いてから書きます。

浅田真央さんが、恐らく最も記憶に残るフリースケーティングを披露しました。
前日のSPでは、まさかの順位。
スケート人生に限らず、人の人生には上り坂、下り坂、そして「まさか」という坂もある。
まさかがオリンピックで起こるとは、なんとも悲しいと思ったSPでしたが、真央さんと出会ってからのことが思い出されました。

浅田真央というすごい中学生がいると噂になっていたころ、10年前に宮城で開催された全中で、私は彼女を初めて見ました。
まだ14歳だった彼女を見て、この子はいずれきっと世界女王になる、そしてキャサリンとみどりさんの全日本8連覇に並ぶか、超えていく夢を勝手に託した。

世界ジュニアを制し、15歳でGPファイナルを制覇し、トリノオリンピックは85日だけ年齢が足りず、騒動に巻き込まれた感もあった。
2007年東京での世界選手権は、2位。
そこから、全日本を4連覇。そのときは、超えて行くと思ったけども、浅田真央をもってしても、全日本8連覇は超えられない偉業だったと思い知らされた。

時代が違えばと思ったこともあったが、この時代に生きたからこそ、ここまで来られた。
マンガでもあり得ないくらいのドラマがたくさんありましたね。

今回のFSは、多少のURをとられたものの、とらなくてもよいくらいのレベル。
某国は、疑惑の採点などと騒いでいますが、ことフィギュアスケートの採点については、100年前から主観も思惑も国際政治も絡んでいます。

FSも第2グループの12番滑走で、体中に力が入ってかなりの緊張で見ていて、3Aが決まった瞬間には、真夜中にもかかわらず「やった〜〜〜〜」と飛び上がる。
コリオシークエンスの旋律では、8年前をフラッシュバックさせて泣きながらテレビの前で手拍子。

現行採点方式なら、高得点の出るルーチンを、曲だけ変えていけばかなりの高確率で勝てる。

でも、泣けるプログラムに出会えるのは希有なこと。

よい時代に私も生きたと思いたい。
次の世代も、よい時代に生きたと思いたい。

さて、ソチ時間で暮らすのも、あとわずか。
今宵はレベルもGOEも回転不足も無い、楽しいGALA。
最後の夜更かしを楽しもうと思います。

みなさん、起きてますか〜〜〜〜〜〜?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ソチオリンピックもあと1週間 [ソチオリンピック]

さて、オリンピックもあと1週間。

あれだけ待ちわびていましたが、始まってしまうと早いものです。
今夜はアイスダンスフリーダンス。
日本カップルは残念ながらFDに進むことはできず。
今夜は自粛したいと思いましたが、結局メリチャリは見ちゃうのかなと思います。

開会式から、懐かしい顔ぶれに少し別の角度から楽しんでいます。
聖火点火は、イリナ・ロドニナさん。
ペアでオリンピック3連覇、世界選手権10連覇の偉業を成し遂げた。
1980年、出産を経て復帰して金メダル。
あのときは、アメリカのタイ・バビロニア&ランディ・ガードナーとの対決が、SP直前での棄権で残念な思い。
もっと残念だったのは、ロドニナ&ザイツェフに向けられた”Go Home!!”の怒号。
開会式のアナウンサーが「今、笑ってオリンピックが開けることがこれほど大切と考えることができる時代になっています」と言っていた時代からは、隔世の感。問題はいろいろありますけどね。

男子のジャッジも34年前がよみがえる顔ぶれでした。
テクニカルスペシャリストにアネット・ペッチ、ジャッジにヤン・ホフマン。
我が青春のレイクプラシッドがよみがえりました。

あの頃はビデオデッキもなくて、13インチのテレビにかじりついて見ていました。
東西ドイツがそれぞれ3枠を持っていた時代、公平なジャッジと騒がれますが、露骨な冷戦がジャッジにも持ち込まれていた時代、1980年のヨーロッパ選手権でソ連ジャッジがロビン・カズンズに6点を出した時には、すごいことが起こったと思ったものです。

でも、あのころの特にフリーはなんでもありで楽しかった。

アイスホッケー米ソ決戦もすさまじかった。

なんか冬のオリンピックがくると34年前にタイムスリップしたように思い出すものです。

さて、あとわずかの期間ですが、応援しましょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

羽生結弦 金メダル!! [ソチオリンピック]



ソチオリンピックも、折り返しとなりましたが、今朝、男子フィギュアの羽生結弦くんが金メダルを獲得しました。
生中継を見ていましたが、最終グループの緊迫感はテレビでも伝わってくるもので、6分間練習は「お願いだからぶつからないで・・・」状態でした。

髙橋大輔さんが20番滑走。GPファイナル前に痛めた右足の状態も心配される中、冒頭のクァドラプルトゥループはダウングレードされましたが、まずはできることをまとめてくれた。
最後になるのかどうかはわかりませんが、まずは今日まで日本チームを引っ張ってきてくれたことに感謝したいと思います。
2005年世界選手権で本田選手のけがで一人で戦い、その年の全日本ではいろいろありましたが、トリノ代表。そしてSPは1番滑走、フリーは最終滑走。そこから大けがもあり、バンクーバーを経て、今日の日まで、チームの精神的支柱であったと思います。ダイスケの背中を追って、みんな大きくなった、ここまで日本は強くなれたと思います。

羽生君は、SPで100点オーバーの夢のスコアをたたき出し、フリーは日程もきつかったし、どうかなと思ったし、パトリックとの点差も無いに等しい状態でしたので、夜中にひやひやしながら見ていました。

冒頭の4Sは転倒でヒヤリとしましたし、まさかの3Fでステップアウト。でも、後半の鬼構成もしっかりこなして、ついに夢を叶えた。

団体では、彼があこがれたプルシェンコと戦う夢もかなった。
願わくばもう一度戦わせてあげたかったと思いましたが、致し方ないこと。
プルシェンコ棄権、引退については別に書きますね。

今日は日本中羽生君一色。仙台はどか雪ですが、記録的な雪が降った日に新たな伝説が生まれたことはみんなが思い出してくれることと思います。

思えば、羽生君を初めて知ったのは、2007年、仙台で開催された全日本ジュニアでした。
全日本ノビスAを制覇して、全ジュニに出てきて、SP7位からフリー1位で総合3位になったことを覚えています。そのときは、町田くんも出ていましたね。

その後は、ジュニアGPF、世界ジュニアを制覇して、シニアワールドに初出場3位。今季GPFを制覇して、ついにオリンピックチャンピオンになった。あとは四大陸と世界選手権でISUチャンピオンシップグランドスラムまでマジック2となりました。

大きくなったな・・・というのが、率直な感想ですがまだまだ先は長い。
しっかり育ってほしいと思います。

まずは、本当におめでとう!!

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

ソチオリンピック開幕によせて [ソチオリンピック]

皆様いかがお過ごしでしょうか?

いよいよソチオリンピックが開幕します。
いろいろと外野席は問題も雑音もあると思いますが、楽しい騒ぎがいっぱい起きる大会になることを願います。

日本のフィギュア勢は、おそらく16年ぶりにペアまでの振るカテゴリーがそろう大会になりました。
団体競技の賛否はあるものの(シンクロも入れろよ!)、楽しみにしております。

今日は本来団体の観戦(テレビです)はしない予定でしたが、やはり羽生くんが出ますから、仙台市民としては応援しないわけにはいきません。

羽生くんの夢がひとつかなう。あこがれのプルシェンコと戦える。まさかこんな日が来るとは、思いもしなかった。
オリンピックのリンクには魔物が棲むと言われます。
スケートの神様が単純にいたずらが大好きなだけだと思うのは私だけでしょうか?

団体戦は、アメリカ、カナダ、ロシアがやはり強い。
結果はどうか。でも、団体での結果はある種、個人戦での印象を左右する可能性もあるので、大切に戦ってもらいたいと思います。

開会式は、果たして最終ランナーは誰だ?
一部では、新体操のカバエワさんとか言われていますが、ロシアには冬のタレントが山ほどいるはず。
私は、カーチャ(エカテリナ・ゴルデーワ)がいいと数年前から思っています。

どうなりますか、まずは今夜、羽生くんと髙橋&木原ペアを応援したいと思います。

Go!Go!チームニッポン!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ソチオリンピック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。