So-net無料ブログ作成
検索選択
プリンスアイスワールド ブログトップ
前の15件 | -

旅日記2015GW [プリンスアイスワールド]

さて〜、絶賛放置中ですが、今年もプリンスアイスワールド横浜公演に参戦してきました。
東京駅で3分間の乗換をやってのけて、朝からへとへとになりながら新横浜へ。
これで11年目の参戦となりますが、初参戦の2005年はショーの存続さえ危ぶまれた時代でした。
今は、超満員で隔世の感がしています。
今回の座席は北側の4列目。
IMG_2519.jpg

極北で愛を叫ぶ?誰に?
今年の推しメンは、太田由希奈さんと最年長西田美和さん。
顔ぶれも演出も変わりましたが、ゆきなはんの右手は健在。彼女は右手で魅せるスケーター。私、スケーターはパーツか一芸で恋に落ちます。
絵美さんは右目、エレーヌはブルーアイズ、章枝さんはルッツの高さ、遥ちゃんは左手の指先、優香ちゃんはとんでも無く高いルッツ・・・

相も変わらずふれあいタイムは修羅場・・・
昔はほんわかしてよかった・・・
今年も楽しいショーが終わって、横浜は暑いくらいの気温。
今回は初めて新横浜に宿泊することにして(最近、ホテル代金が高すぎますね)、ひとやすみして元町へ。

カーディガンの修理をフクゾーさんにお願いして、いつもの靴屋さんに寄ったらあまりにもぴったりシックリくる靴が・・・連れて帰りました・・・
でも、元町にツルハがあるのがちょっと・・・違和感

みなとみらいを経由して、新横浜に戻り、夕食は新横浜ラーメン博物館ですみれの味噌ラーメン。
IMG_2573.jpg

初代よりあっさりになりました。

翌日、東海地方に移動して、帰宅はセントレアから。
ひつまぶし食べたい〜〜〜〜大行列。。。またありつけない。
若鯱家でエビ天カレーうどんにしました。
IMG_2586.jpg

無事に帰宅の途につきました。



次回参戦はTHE ICE 仙台公演になる予定です。

八木沼純子 卒業によせて [プリンスアイスワールド]

さて〜、大変長らく放置しておりましたが、一昨日で今シーズンプリンスアイスワールド公演も終わりを迎え、八木沼純子さんが卒業ということになりました。

現役時代を知る私は、プロスケーターになって、プリンスアイスワールドチームのキャプテンとなった彼女を初めて見ることになったのは、2005年5月5日 夢航海 凱旋公演でした。

Septemberに乗せて、八木沼さんがずい〜〜〜〜っと迫ってきた時に鳥肌が立つほどの衝撃を受けたことを思い出します。

あのときは、プリンスのショーの存続自体が危ぶまれ、最後の公演になるのではと言われていた時でした。

華奢で小柄なジュンジュンが氷上ではとても大きく見えた。
ウェディングドレスで滑る彼女に感動とは表せない何かを感じた。
また、このショーを見たい。終わってしまうにはあまりに惜しいと思った。
そして、その年、存続は決まった。
トリノオリンピックの前に、千秋楽のチケットを押さえたものの、売れ行きはあまりよくないと聞いて不安に駆られていた。

荒川さんの金メダルで神風が吹いた。
まさか自由席の行列が開演2時間前に100mになるとは・・・

キャプテンとしての重圧もあったと思います。
そして、表には出ないいろいろなことがあったと思います。

佐野さんがまず切り開いた日本でのアイスショー。
日本のフィギュアスケート黄金期と言ってよい今、唯一のアイスショーのチームキャプテンを長く務めたジュンジュンに心からの敬意を表したいと思います。

さて、もうすぐシーズン。
来月は東京ブロックに参戦します。
現地でお会いする皆様、今シーズンもよろしくお願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

プリンスアイスワールド 大島淳退団によせて [プリンスアイスワールド]

昨日までプリンスアイスワールド岡崎公演が開催されていましたが、中核メンバーであった大島淳さんが今シーズンをもって退団されるということで、最終公演となったそうです。

2005年5月の千秋楽で見た薄田さんとそろってのバックフリップ、コンビでのよっぱらい、ジュンジュンとのペア、あらゆる思い出がいっぱいあります。

腰痛で欠場したこともあって、心配したり、いろいろありましたが、思い出のスケーターの一人となりました。

今後はどんな道に進まれるか知りませんが、思い出はいつまでも・・・絶えることはない。
大島淳に栄光あれと願いたい。


今年はNHK杯札幌はどうするかビミョーです。
東京ブロックと全日本選手権かな。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

GW恒例 プリンスアイスワールド参戦記 [プリンスアイスワールド]

みなさまごぶさたしております。

あっという間に世界選手権も終わり、ロシアスケート連盟のお気遣いに感謝しながら、シーズンを終えたわけですが、やはり東京
で君が代を歌いたかったと思います。

さて、GWは毎年恒例のプリンスアイスワールド参戦となるわけですが、今年はどうなるか。。。開催も危ぶまれたし、新幹線が動くのかと思ったわけですが、無事に開催にこぎつけて、新幹線も動いたので、2月にチケットも発券していましたから、思い切って参戦することにしました。

何せ暮れの全日本以来、全く氷を見ていない・・・

スケオタはやはり定期的に氷を見ないと生きていけません。

さて、今回のプリンスアイスワールドは村主さんも出てくれることが決まっていましたし、世界選手権を終えてお疲れの髙橋大輔さんも出演とのこと。千秋楽の盛り上がりの楽しさで気分も晴れるかなと参戦しました。

新横浜に着いた私は、横浜線に乗ってみなとみらいへ。
1時間で新横浜に舞い戻るという芸当をやってのけて、新横浜プリンススケートセンターへ。

着いたときはやはりもうへとへとでした・・・階段をやっと昇って大丈夫か?と思いながらも、やはり氷をみた瞬間に凄まじいアドレナリンが・・・一気に疲れは吹き飛び、別人モードに突入しました。

今回は南の5列目ほぼ中央。
わ、これフィナーレ後に出て行くのがきつい・・・まあいい。
余震も忘れて思い切り楽しむことにします。

ショー自体は、やはりこれぞプリンスチームという内容で、ここ数年ではいい出来だったかなと思います。

後半、会いたかったよ ふみ~ちか。

ヒップホップらしいが、ペルソナ持参で早変わりあり。最後はやはりこれがなければ終われない。
世界最速秒速4回転のアップライトは健在。
世界最年長現役スケーターの底力を魅せてほしい。

楽しい時間はあっという間に過ぎる。
フィナーレが近づき、ふれあいタイムにどうやって出て行くか画策。。。

隣に小学生の女の子がユヅくんと大ちゃんと・・・その他もろもろにお手紙渡すそうで、一緒に行きましょうと子供をだしに使って(?)階段で一時待期して、絶妙のタイミングで最前列をゲット。

ジュンジュンには「開催してくれてありがとう!!」とお礼を申し上げ、スハノフさんは・・・ロシア人?「スパシーバ!」と申し上げ、その他スケーターもろもろにお礼を申し上げ、章枝さんには仙台からの贈り物をお渡しして、普通は用が済んだら後ろに譲るのですが、お子さん預かってましたので、最後にダイスケが来るまでしっかり最前列にいました。


pi11_fumi.JPG

(肖像権保護のため、解像度を落としております。ご了承ください)

世界選手権で不運に見舞われながらも、滑りきったその姿に感謝。
楽しいふれあいタイムでした。
お子さんも手紙を全部手渡しできて満足そうでした。(後で知人から隠し子疑惑がかかりましたが。。。爆)

時間はすでに18時を過ぎて、交通網が普通なら最終の新幹線で帰宅すればいいので、ワカチコ宴会突入ですが、新幹線も不安定なので、後ろ髪引かれながらも帰宅の途につきました。

pi11_view.JPG

力をありがとう!
プリンスチームの皆さん。
そして、誰よりも章枝さんに、また生きて逢えてうれしい。

nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

プリンスアイスワールド2009横浜公演 その3 村主章枝ソロ [プリンスアイスワールド]

村主さんのソロですが、出番が早すぎるんじゃありません?
仮にも世界選手権代表ですよ・・・

というわけで、肋骨骨折からの復帰で新エキシということになりますが、衣装のベースは黒。
どうして明るい色の衣装にならないのか不思議ではありますが、曲はシャンソンの名曲 
エディット・ピアフのPadam Padam。
彼女の滑るシャンソンは新横浜の氷上をパリへと変える。
今年の小道具はたばこ。似合わない?なんて一瞬思ったが、恒例の客いじりははるかかなたの
南最前列。「私のたばこに火をおつけなさい」なんて感じでフフンとかわして行ってしまう。
何となくニコライが作ったような気がしなかったプログラムではあるが、ニコライ色の
プログラムを彼女はフミエ色に変えてしまったかのようだ。
ちょっとジャンプの不安定感は否めないがまあまだまだと言ったところ。
締めはやはりお約束の世界最速のアップライト。そうこなくっちゃ!

4年前ここで初めてお披露目されたキダムを思い起こす。
あれから4年。まだまだフミエワールド健在をうれしく思う。
キダムをトリノのGALAで見ることは叶った。
このプログラムも必ずや、バンクーバーのGALAでと願わずにいられない。

(つづく)
nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2009横浜公演 その3 第一部へ [プリンスアイスワールド]

なかなか開演しないでしまったのですが、今回のショーのオープニングは荒川さんの
トゥーランドットで開幕しました。
どうなんでしょうね?
まあ、トゥーランドットとレイバック・イナバウアーでいつまで食えるか?
3年前は自由席の行列が50mという光景を目にしていますが、今年はS席のガラガラ感が
寂しい限りです。

プリンスチームのプログラムはオリンピック栄光のヒストリーと題して、グルノーブルから。
ペギー・フレミングを知る世代も少なくなってきたご時世ですが、映画を改めて見てみるのも
よいかと思ったプログラムでした。
舞台は1972年の札幌へ。EveryThingに乗せて3組でのダンス

舞台は一気にアルベールビルへ。我が青春のレイクプラシッドはどこへ行った?
ヴィットの思い出のサラエボは”どこへ行った”?
ジュンジュンが純白の衣装で舞ったカルガリーはどうしてくれる?
鈴木くん始め、男子メンバー4人でのシェリーに乗ってのジャンプナンバーだった。
鈴木くんは今でも足が長くてかっこいい!!

舞台はまた端折って長野へ。
ショートトラック2人組を中心にハイウェイスターでスピードパフォーマンス。
そしてトリノを連想させるYou Raise Me Up!でチームの群舞。
あれ?大島さんが見えない・・・気のせい?

オリンピックのモチーフが終わって、本田くんのソロ。
彼のメタボリック体型は順調に進行中?
英語版ハナミズキでしっとり魅せてくれた。

さあ、キャプテンのジュンジュンのソロ。キュート!
やはり彼女は放送席より氷上が一番です。

ここからテーマは海。世界へつながる海。日本は海から生まれた国なのか?
島唄で布を纏っての群舞。
今回はプリンスチームの群舞の一つ一つが長い。早い展開に慣れてしまったので少し困惑。

由希奈ちゃんのソロ。
手を動かすだけで絵になる表現力は健在。プロになってどんな世界を作るのか。
怪我しなければ歴史は変わったであろう彼女のプロスケーター人生に栄光あれ!

さあ、村主さんのソロ。ちょっと出番が早い感じはしますが、これはやはり次回ソロで
書きます。

(つづく)
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2009横浜公演 その2 開演!! [プリンスアイスワールド]

開演前は非常にわくわくするもので、落ち着かないものです。
知人と話しているとザンボーニ口に村主さんがいるのがちらっと見えました。
肋骨の骨折からの復帰ショーとなりますが、心配の方が先に立っています。
知人が村主さんのマネージャーさんを見つけて、お話してくるとのことで私もちゃっかり
くっついて行ってみました。
ちょっとおしゃれななかなかのイケメンマネージャーさんですね。

そんなこんなで開演のベルです。
私はこの開演のベルを聞くとつい手拍子したくなっちゃうので、周りから浮いてしまう・・・
まあいいか・・・周りは二度とは会わぬ人・・・なんてことは最近なくなってきていますが。

さて、今年のテーマは「バンクーバーに夢をのせて World Wide Wondarful」
正しい訳はどうあれ、私の解釈は「世界はこんなにすばらしい」
争いの絶えない世界、波乱に満ちた世界。
でも、みんな泣いたり笑ったりしながら必死で生きている世界。
私は今日のPIWが見られる世界と時代に生まれたことに感謝したい。
プリンスアイスワールドという世界、そして・・・フミエワールドがある世界に・・・

(つづく)
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2009横浜公演 その1 [プリンスアイスワールド]

というわけで今年も行ってきました。

今年で5年目の参戦となったプリンスアイスワールド横浜公演ですが、例によって連休恒例の
旅に出て、前半は都内周遊して愛知県内へ移動。
5/5の朝に新横浜に移動しての参戦となりました。

新横浜に着いてからは食事をしたり、時間があまりにあるのでみなとみらいに足を伸ばし、
さらに元町へ。馴染みのお店にご挨拶しながら時間は過ぎて新横浜へ戻ると雨が・・・
氷上世界最強の雨男の面目躍如となりました。[バッド(下向き矢印)]

雨の中で行列に参加するのも大変なので、近くのタリーズへ。
荷物を組み直して、村主さんへの貢ぎ物もOK!!

雨が激しくなる中、大荷物を持ってスケートセンターへ到着。
はっきり言って完全にクタクタ状態で・・・「昼寝したい・・・」状態でした。

ほどなく開場時刻になり、会場内へ。
氷を見た瞬間に疲れは吹っ飛び[グッド(上向き矢印)]
超ハイテンション状態になりました。

さあ、今年の座席は念願の南1列(9番)。正面の最前列を5年目にしてゲット。
防寒レベルは例年より落として軽装備ですが、足下はガッチリ固めて完璧!!
知人との再会で花が咲いているうちに開演のベルが鳴る。
今日は思い切り楽しい日がやってくる・・・

(つづく)
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド横浜公演 とりあえず [プリンスアイスワールド]

今日はPIW横浜に参戦しました。
たっぷり堪能、心に栄養つけて帰宅途中です。
詳細はまた・・
nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2008東京公演 [プリンスアイスワールド]

DOIも書き終わらないうちですが、PIW東京公演に行ってきました。

本当は行くつもりじゃなかったんですが、今年のプリンスは一度正面から見ておきたかった
のと村主さんをここで見逃すとCOI横浜公演はあるものの、全日本まで見られないかもと
思い、仲間内の後押し(悪魔のささやきという)もあって、ほぼ正面が残っていたことも
あって、つい魔が差してポチっと・・・いいわけはやめましょう。
心の栄養ですから・・・村主さん見たかったんだもん!!

というわけで、今回は日帰りで東伏見のダイドードリンコアイスアリーナに初見参となりました。
考えてみれば、西武新宿線に乗るのは実に30数年ぶり。練馬に親戚がいたので、両親と共に
行った時以来となりました。その頃に生まれた従姉妹に小学生の子供がいるくらいですから
なんとも時は流れたものです。

駅を降りてから会場が近いっていうのはいいですね。
会場前のグッズ売店にチームJAPANジャージを着て、サングラスかけた人が・・・
小林くんですね。売店前には松橋さんが若い女性に囲まれていました。(別に恐喝されていた
とかではなくて・・・オイ)
入場行列を見ると今日は年齢層高めな感じですね。
中に入れば噂に違わず寒い!!
やはり通年常設リンクは寒い。今回の装備はレベル3にしたがレベル4でもよかったかも・・・
今日はスタンドのほぼ正面5列目。シートはベンチシートですが、後ろがフェンスなので
さほど苦しくはないですが、長時間の競技だとつらいかも。

細かい演目は横浜と同じなので省きますがサイドから見るのと正面から見るのとでは
違うプログラムに見えます。新しい発見が一杯ありました。

今日の村主さんはロングサイドのEXシートの切れ目のお立ち台から登場。
2A余裕!3Fは2フット気味かなと思いますが、徐々に安定感を増している模様。
横浜の時の手が昨年と全く違っていたので、私も文字通り手応えを感じています。
春のLAできっと・・・再び花を咲かせて欲しいものです。

今回は手ぶら参戦なので、ふれあいタイムはスタンドで見ていました。
あいかわらず最後までしっかりと皆さんとお話していらっしゃいました。

これで今年前半の生観戦は終了かな?次は代々木でのNHK杯と全日本への参戦を目指して
資金温存に入ります。

また皆さんとお会いするのを楽しみにしていますね。
nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2008横浜公演 その9〜ふれあいタイム〜 [プリンスアイスワールド]

えらい時間がかかりましたが、これを書かないとDOIに行けないような気がしております。

piw1.jpg

フィナーレでは恒例通りキメ技の披露ですが、奈也ちゃんは無謀(?)にも苦手な3Fに挑んで転倒!
かなり痛そうにしていました。
大輔くんは3Aからのコンビ。やはりちょっと重そうです。風邪気味だったようです。
荒川さんはこれも恒例?ボールを投げる。1個だけ?

piw2.jpg

てなわけで、プリンスメンバーとゲストが西から南へ。
あいかわらずジュンジュンの逃げ足(?)早い!
別人モード超炸裂の私は村主さんを呼び止める。今年はリッツカールトン東京のチョコレートとコーヒーを
用意しました。
「お体大丈夫ですか?」とお声掛けすると「は〜い!元気になりました!ご心配おかけしました」とのこと。
昨年のような曇った笑顔ではない。
握手した手も昨年は細くてこわれそうだったのに、今年は柔らかくて安心しました。
思えば、このころにはモスクワを引き払うことは決まっていたのか?
今年も何となく写真を撮ることはできず、記憶だけにしました。
11年目のファンの道、今年もヒヤヒヤさせてくれるのか?
フミエワールドを彷徨う旅が始まります。

村主さんとお話してるうちに奈也ちゃんいっちゃった・・・
もう一度くるでしょう。

ということで、隣のお嬢さんたちとしばしフィギュア談義に花を咲かせながら、仙台から来たことを
伝えると驚いた(たぶんあきれた)様子。羽生くんの話題など。

奈也ちゃんが戻ってきて、こちらはチョコレート好きな彼女にペニンシュラのチョコレート。
写真撮らせてもらいました。(肖像権保護のため、解像度を極端に下げています)

nanal.jpg

大輔くんが回ってきて、お嬢さんたちは萌え萌え(?)状態。
私は一歩下がっていたが、大輔くんが「いつもありがとうございます!」と握手を求めてきたので
がっちり握手!いつもって・・・直接お会いするのは初めてだと思いますが・・・
えっくすスタイルなので連盟関係者と間違われた?まさか・・・
ということで「ぜひまた仙台で滑って下さい」と申し上げて、隣のお嬢さんたちとのツーショットを撮って
差し上げてと・・・

楽しい時間は瞬く間に過ぎて行きました。

いつも通り最後までリンクに残ってみんなと接してくれるのは村主さん。
これほどファンを大切にしてくれる彼女に栄光の日が来ることを切に願う。

昨年まではこれでいそいそ帰宅だが、今年はゆかいな仲間たちと宴会となる。
会場を出たところで新海さんが・・・がっちり握手していただきました。手がデカイ!!力が強い!
ショートトラックスケーターはやはりガッチリ系か・・・

今シーズンの新横浜参戦はこれにて終了。
ゆかいな仲間たちの強烈な悪魔のささやき(今夜泊まっていったら?明日も見たら・・?)に激しく後ろ髪を
引かれながら、最終のやまびこで帰宅しました。

もう一度プリンスのレビューは正面で見たい・・・
仙台でやってくれないかな?

というわけで、終了〜
nice!(3)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2008横浜公演 その8〜第2部はつづく〜 [プリンスアイスワールド]

6月になってしまいましたが、書かなきゃシーズンは終われない(くどい)

村主さんの興奮冷めやらないままですが、プリンスチームは「空の贈り物」へ。
「いつまでも変わらないものは空・・・」
数年前に流行した映画のテーマ音楽に「♪繰り返す過ちの そのたびに 人は ただ青い空の
青さを知る♪」というくだりもありましたが、この空を次世代へつないでいくことの難しさを
感じる時代ですね。

さて、空の贈り物は西田さんメインでケツメイシの桜から、そして鈴木くんといずみさん、みなみ
ちゃん等で雨は山下達郎の2000トンの雨。いずみさんのパラソルがキュート。
雨の次には雪も降る。
雪は恩田さんがメインでしんしんと。日本は季節があっておしゃれな国だと思う。
八木沼さんと大島さんの2枚看板で星空は絢香の三日月。
聞くと2007年のワールドのGALAを思い出すが、これもまた見応えありでした。
プリンスチームからの贈り物は愛。
全員でサークル、早い早い。

いよいよ大輔の登場。
今日もヒップホップで魅せる。これは今シーズンのマスターピースということに異論はないだろう。
ちょっと今日はジャンプが重そうですが、会場ノリノリで大騒ぎでした。
いつか彼も世界の頂点に立つだろう。その日も楽しみ。

最後は荒川さんのフライミートゥザムーンですね。
長野MOIの時からやせ気味?と思っていたが、変わらない。
ちゃんといいもの食べてるのかな?アイスクリームとカップヌードルで大丈夫でしょうか?

さあ、いよいよフィナーレ。
プリンスチームのシンクロで花が咲いたようなリンク。そしてカーテンコールへ。
村主さんのエンディングの衣装は・・・・なんと!ボレロの衣装です。
2006-2007シーズン。ついにボレロを生で見ることはかなわなかった。
そして今、やっとあの夢に見た衣装で目の前に彼女がいる。

プリンスチームの紹介。今年も年齢順?
いずみさんが目の前に来ました。うれし〜い!!

さあ、フィナーレの後は恒例ふれあいタイム!ポジション取りっと・・・

(つづく)


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2008横浜公演 その7〜村主章枝ソロ〜 [プリンスアイスワールド]

さて、いよいよモスクワ仕込みの巨大台風の登場となりました。

こればかりはソロで書かなきゃ始まらない。
照明が灯る。
リンクに登場・・・・いない・・・どこだ?
なんとなんと私の座っていた2つ隣のフェンスに腰掛けています。
きゃぁ〜あと2つだった・・・惜しい!!
黒のワンピーススタイルで極めて無表情にこちら側のギャラリーに向いている。
フェンスから降りて、氷上へ。
私は既に別人モードを超えて、軽いトランス状態に近くなっていた。
曲はカール・ジェンキンスのWaltz Vienna。
パントマイムと言ってよいのか、マリオネットと言ってよいのか、
キダムとは違う幻想的な世界に魅入るしかなかった。

ショーの開幕前にウイルス性の風邪でダウン。初日には間に合ったものの、その日は出来の悪さに
悔し涙に暮れたとのこと。
無理して欲しくはないのだが、ショーに出てくれたことに感謝。

すっかり私は、彼女のおもちゃ箱をひっくり返したような世界に魅入ってしまって、
まいってしまっている。
ジャンプはツーフットだったが、やはりやはりお約束のエンディングで高速アップライトは
空気を躍動させる。
最後は氷を投げて「ハラショ〜!!」と叫んでいるように見えた。
初日はお腹を壊しているのに、氷のかけらを食べる仕草だったそうだ。
おいしくないと思うけど・・・

エンディングに彼女が隣のお嬢さんたちのところへ手を差し出して近づいてきた。
「たぶんやるかな?」と思ったらやはり。
差し出した手を引っ込めて、プイっとお尻を見せて笑って行ってしまった。
さすがに真面目な顔で笑わせてくれる。

世界選手権のリンクから消えて、早2年。
シーズンこそはLAでズーリンとのコンビが花開くことを願う。
LAのGALAでこのプログラムを見たい。

長く険しい道だけど、たとえ地上に1人になっても信じていたい。
世界の頂点に立つその日がくることを・・・
フミエワールドの旅、こうして次シーズンのプロローグを迎えた。

nice!(4)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2008横浜公演 その6〜第二部スタート〜 [プリンスアイスワールド]

やっと第二部スタートです。
いつまで書いてるんだと言われそうですが、書かないとシーズンは終われない。

第二部はプリンスチームのテレビの半世紀。
まずは東京オリンピックの開会式のモチーフでフラッグスケーティング。
アポロの月面着陸はお約束のシルバーのラメラメスーツ。いずみさ〜ん!!

なぜだ?ここで銭形平次が登場。平次は大島さん、八はみなみちゃんが扮して泥棒退治。
泥棒の親玉は滑るよっぱらい・・・・ちがう薄田さんで子分が小判で滑ってる。
目の前に小判の子分・・・じゃなかった小判を手に履いた子分がきて、隣のお嬢さんたちが
ルミライト振ってからんでいます。
投げ銭がデカイ!召し捕ったり〜!!
一気に現代に加速して踊る大捜査線。
織田くん?信成じゃない・・・隣のお嬢さん、織田くん?とウケております。
「私たち妄想族だもんね〜」と言っております。ココにもいました。
フィギュア観戦は「族の集会」か・?・?・?
青島刑事は新海さん、泥棒は松橋さんでPIWのスピードキングは誰か!
俺のレインボーブリッジを返せ・・・じゃなくて、くぐったり昇りかけておりて
きたりとダイナミックなパフォーマンス全開!!
追い切れないところへ、銭形平次が参上!召し捕ったり〜!???

次は本田くんのNyah。幸せ太りは順調に進行中の模様だが、本領発揮でしたね。

そして、夜の蝶、ナンバーワンホステス ジュンジュンと5人のホストの登場。
結局みんな袖にされて、ジュンコはやはり酒好きだった・・・のかな?
チームのダンスダンスダンスでは恩ちゃん楽しそう。
フルメンバーでゴールドフィンガー99で大盛り上がりでした。

次にはフィオナ&ドミトリーのソロ。
振り回しあり、ダイナミックなリフトの連発で驚嘆!
今後レギュラーになるかはわからないが、エレナ&アンドレとは違った魅力を炸裂させて
くれた。

さあ、いよいよモスクワ仕込みの巨大台風襲来の時間となりました。
何を魅せてくれるのか。

これはお約束通り次回ソロで書きます。
乞うご期待!!!


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2008横浜公演 その5〜休憩タイム〜 [プリンスアイスワールド]

第一部が終わって休憩となりましたが、休憩タイムのお楽しみがありました。

スナックコーナーの一角でSaving GraceのTシャツ販売がありました。
既に滑り終えた中庭くんと奈也ちゃんが待機。
さらに村主さんの妹 千香さんもいらっしゃいました。
2005年全日本で見てはいるものの、アップで見るのはお初です。
考えて見れば、千香さんは新横浜でお子さんのインストラクターをやっていらっしゃるので
スタッフとして販売されていました。
お姉様に負けず劣らず綺麗な方でした。
「ブログいつも拝見してます!」とご挨拶してTシャツ購入することに。
サイズは既にLは売り切れたとのことで、絶対に着ることはないしと思い、Sサイズを購入。
お二人のサインをいただき、お二人とも昨年NHK杯で仙台においでになっているので
「ぜひまた仙台へおいで下さい!」とお話しして、生握手していただきました。

t_all.jpg

奈也ちゃん

nana.jpg

中庭くん

kensuke.jpg
千香さんのもお願いしたいなぁと思っていると、スタッフの方が助け船。
そこで私はずうずうしくも「千香さん、お願いしま〜す!」とお願いしてサインしていただきました。

千香さん

chika.jpg

いつからこんなにずうずうしくなったのか不思議ですが。。。あ、フィギュア観戦の時はあたしゃ
別人だった・・・

そんなこんなで休憩ももうすぐ終わり。
右隣のお嬢さんたちは休憩時間もとても元気。
お一人はお子さんが薬丸裕英さんのお子さんと同級生だそうで、奥様の秀美さん(
アイドル 石川秀美さん)から大ちゃんに、とお花を預かって来たそう。
大ちゃん人気ありますね〜

私はもちろんモスクワ仕込みの巨大台風の登場に胸をときめかせていた。
断片的に伝え聞いてはいたが、詳細は全くわからない(ネタバレを極度に避けていたのだが)。
今年は何をやらかしてくれるのか・・・いや、魅せてくるのか、もう楽しみで狂乱寸前!!

そして第二部のベルが鳴る!ベルで手拍子して浮いているのは・・・ええじゃないか!!!

さあ、台風よ!その姿を・・・

(つづく)
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の15件 | - プリンスアイスワールド ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。