So-net無料ブログ作成
検索選択
Dreams On Ice ブログトップ

Dreams On Ice 2008参戦記〜その5〜 [Dreams On Ice]

そろそろ書き上げないといけませんね。

さて、第一部の最後はシンクロの東京女子体育大学チームです。
シンクロはアリーナよりは少し上から見た方がいいですね。
それにしてもこの時にアリーナでトイレに立つ方がけっこういました。
女性は行列が大変なのは理解しておりますが、かがむとかして見ている人への
配慮も欲しいものです。

シンクロチームが終われば休憩です。
皆様にお会いできてうれしかったです。
お声掛けいただいた方、ありがとうございます。

さて、第2部ですが印象に残ったところを順不同になってしまうかも知れませんが
いくつか・・・

それにしても仕方ないとはいえ、村主さんが第一部とは寂しい限りです。
シーズンの奮起に期待します。

第2部はワールド代表組と海外ゲストが中心となります。
まずは南里さん。
今回のエキシはミヤケンさんの振り付けとの噂は耳にしていましたが、流れるメロディー
月光????あら・・・津軽海峡冬景色になっています。
これはアレンジャーの才能に拍手(もちろん南里さんもミヤケンさんもナイスですが)です。
昔、フィギュア関係の雑誌で「私は日本人だから日本の曲で勝負すると以前は思っていたが
世界で闘うには世界に通じる曲で滑る」と書いてあったことがありましたが、今やチーム
ジャパンは世界から恐れられる存在となっています。ならば日本の曲もありなのではないか?
一つ考えさせられるプログラムではありました。

オープニングには出て来なくて心配させてくれた安藤さん。
聞けば40℃近い熱があったとのことですが、ボレロで少々重そうですが滑ってくれました。
昨年仮病呼ばわりされたこともあったのか?
ニコライの作るボレロもなかなかのもの。

小塚くんはやはり衣装が昭和テイスト?
世界選手権での彼の健闘はかなり大きかったですね。やはり2人でバンクーバーの出場枠を
獲りに行くのと3人ではかなりのちがいがあります。

中野さんは相変わらずの安定感。今期も手強そうですね。

さて、海外ゲストですが圧巻はやはりステファンです。
今回はアントニオ・ナハーロとのコラボ。ジャンプ以外は氷上のステファンとステージの
ナハーロが同じ振り付けで動いています。
1人でステファン時間使い過ぎですね。
さあ、ザクソン村日本支部の時間ですね。スイス国旗の雨あられ!!!
会場にスイス人がこんなにいたとは・・・(爆)

サラ・マイヤーもしっとり魅せてくれました。仙台で表彰台に上った彼女も24歳、
まだまだ行ける。

北米からはジョニーが参戦。逆回転のジャンプやスピンは見ていて”いづい”感じが
するんですが、やはり美しいわ。

いよいよ大輔が登場。ニコライの下を離れてどこへ行くのかが注目ですが、今シーズンの
SP eyeを披露。
彼の3Aは私が世界一好きなジャンプの一つ。決まった瞬間は「だいちゃん、あいらぶゆ〜!!」
と叫ぶ私です。

大トリは世界女王 浅田真央さん(世界女王をもうちゃんづけでは呼べません)。
考えてみればもう彼女も今年9月には18歳。赤と黒の衣装が似合う年頃になったようです。

楽しい時間はあっという間。
そしてフィナーレへ・・・

Dreams On Ice 2008参戦記〜その4〜村主章枝ソロ [Dreams On Ice]

さて、時間もかかってしまいましたが、やはりここはしっかり書かないとと思います。

既にBSフジの放送も終わっておりますが、今年も全員放送してくれたのでよかったかと
思います。

この日の村主さんはPIWよりはかなり南寄りからの登場となりました。

プログラムはサーシャ・ズーリンとの最終作になるであろう「Ein Wiener Waltzer」。
見るのは2度目だが、ジャンプもほぼしっかりしてきて熟成が進んできている模様。
相変わらずのおもちゃ箱をひっくり返した世界に魅せられて声も出ない世界に
引きずり込まれてしまっています。
最後の最後までさすがのショーマンシップ炸裂で魅せてくれました。

シーズン、モロゾフの下で進化して行くであろう彼女の世界はどんな世界なのか?
どんな世界であれども、それはフミエワールドであることに変わりはないことだろう。

全日本の表彰台、そしてワールドのリンクから消えて2シーズンが経過して、
彼女自身が一番辛いことだろう。
今シーズンこそ、バンクーバーにつながるシーズンを送って欲しいものだ。

ショーのエンディングでちょっとうれしいことがありました。
後でその流れの時にゆっくり書きますね。

今週末、急遽PIW東京に参戦することにしました。
ここで見ておかないとCOI横浜には出演するようですが、(そんなもの出なくていいから
ワールド出てよ〜って感じなんですが・・・)次に見られるのは全日本になりそうなので
20日の昼の部に参戦します。

おいでになる皆さんよろしくお願いします!
(その前にDOIの記事完成するのか?)

Dreams On Ice 2008参戦記〜その3〜 [Dreams On Ice]

さて、少し駆け足で書き進んでいきましょう。
昨日はFOIも開催され、アイスショー夏の陣もたけなわでありますが日本代表が一同に
揃うDOIは空気が違います。

まずは順番無茶苦茶ですが、ジュニアの終盤から。
水津さんは今回もオリエンタルムードのナディア。顔立ちもエキゾチックなので似合うプログラム
ですね。
西野さんはあいかわらずの無表情ですが、着氷は乱れたものの3-3にチャレンジ。
2006年2月にシアターオンアイスで初めて見た頃からの成長は著しい。

いよいよシニアへ。
奈也ちゃんは前半しっとりしたナンバーですが、後半は一気にテンポアップ。
やはりそこは天然元気娘。元気いっぱい滑ってくれました。
織田くんが復帰後、国内初登場。トスカはプルシェンコのイメージがありすぎの
私ですが、モロゾフワールドへのプロローグ。思わず「おかえり〜」と叫んでしまいました。
鈴木明子さんはほとんどノーミス。今期は手強いぞ。
中庭くんも元気そう。事実上国内男子最年長だが、国内有数のクァドラプルジャンパー
として、年齢に負けずにがんばってほしい。2005年全日本でただ1人4回転を認定された
スケーターなのだ。

「氷上のアーティストの登場です」のアナウンス。
今日のフミエシートはどこだ?ああ、遠かった・・・場内ざわめく。
恒例通り、これはソロで書きます。

Dreams On Ice 2008参戦記〜その2〜 [Dreams On Ice]

もうあれから1週間経とうとしていますが、まだ夢の中にいるようです。
その日は朝、仙台を出発して新横浜に荷物をおいて、新横浜ラーメン博物館で昼食。
真ん前にウィンズが出来ていて驚愕。その後、元町へ。
いくつかのお買い物にふけり、MM21を流して新横浜に戻ってホテルにチェックイン。
エレベーター前には小塚くんが取り囲まれていました。
しばし休憩をしてからプレ夕食をとって、シャワーを浴びてから会場へ。
途中、ゆかいな仲間の”総裁”を拾って、行列に参加。
開場時刻を少し過ぎて会場内へ。
この日も歩き疲れて、足は重くなっていましたが、やはり会場に入ってリンクを見た瞬間に
疲れは吹っ飛びチョーハイテンションモードに突入。
今回はスーパーアリーナのロングサイド北寄り。
隣は総裁だが、そのまた隣はpakuさんご夫妻。偶然ってあるんですね。
今日のFumieシートはどこだ?

寒さはビミョウに弱いが足はしっかりカバーして、夢の世界へ突入する準備は完了。
オープニングはシンクロチームがリードして、各スケーターがショートソロの後、群舞へ。
軽いトランス感を覚えながらも、目で追いかけるはもちろん村主さん。
今日は白のトップに黒レースのボトム。おしゃれな彼女のこと、登場のたびに衣装を変えて
くるだろう。

最初はジュニアスケーターの登場。
ユズシェンコこと羽生くんが持ち前の柔軟性を生かして魅せる。
順調なら2011年長野ワールドに参戦してくるであろう彼に、仙台からもう1人世界チャンピオン
が欲しいと願わずにはいられない。怪我せずに育って欲しいものだ。
この辺、滑走順あやしいです。
印象に残ったところだけだと、佐々木くんは今回も覆面スケーターで私の目の前で小道具を
投げる。一つを我が総裁が拾って大ウケ!

それぞれのジュニアスケーターが成長を魅せてくれている。
今年の全日本ジュニアは名古屋開催。いよいよユズもジュニア参戦してくる。
シニアもジュニアも見逃せない冬が待ち遠しい。

(つづく)

Dreams On Ice 2008参戦記〜たぶんその1〜 [Dreams On Ice]

さて、Dreams on Ice 2008の観戦を終えて昨夜帰宅しております。

楽しい時間はあっという間ですね。
出演されたスケーターのみなさん、運営に携わった方々ありがとうございました。
ゆかいな仲間のみなさん、楽しい時間をありがとうございました。
新撰組さん、お声掛けありがとうございました。
こおりのじょーおさん、お話できて楽しかったです。
Azzurroさん、風邪引いてませんか?
その他もろもろのみなさん、ありがとうございました。
そのうちにぜひ、村主さんのファンサイトの管理人のまりりんさんにもお会いして
みたいものです。
やはりスーパーアリーナは臨場感が違いますが、一部死角もありますね。
出来るものならアリーナで1回、スタンドで1回みたいものです。

次回以降、ゆっくりになりますがレポを書こうと思います。

Dreams on Ice 2008開幕によせて [Dreams On Ice]

Dreams on Ice 2008が明日より新横浜プリンススケートセンターにて開催されます。
えっくすも28日に参戦となります。

昨年は台風接近の中での開催となり、交通機関の乱れで断念された方も多かったとのことで
また直後に織田信成選手の酒気帯び運転、マキシム・スタビスキーの交通事故とつらいことが
続きましたが、今年は氷上の人事異動が激しいですね。

いろいろ書きたいことはありますが、荷造りも・・・
帰宅してからゆっくりとレポしたいと思います。

尚、今回は地上波では29日の夜にフジテレビで、BS(塩抜きでしょうね)では7月9日の
夜の放送予定とのことです。

遠征のみなさん、お気をつけて

Dreams on Ice 2007観戦記(その7 村主章枝ソロ) [Dreams On Ice]

村主さんばかりはソロで書かずにいられませんので、お付き合い下さい。

今回のDreams on Iceのパンフレットには村主さんのインタビューが2ページに
わたって掲載されていました。
その中で、2月に四大陸で首を痛めた後で佐藤コーチに「ここでまとまった休みをとらないと
今後は面倒をみないよ」とまで言われたことが書いてありました。
佐藤先生もそうまで言わないと無茶を続けると思ってのことと思います。
でも、それに対しての彼女の気持ちは・・・氷にあがれないのがつらいのはわかりますが、
長くやりたかったら無茶をして欲しくはないと思いますし、なんとなく佐藤先生の
おっしゃることが聞けていないような印象の文面でした。
部外者の身勝手で酷なことをいうようですが、信頼する先生のおっしゃることが聞けない
(まで言ったら言い過ぎでしょうが)ことが、世界女王になれそうでなれない・・・
ことなのかな?と思ってしまいました。
無茶をしないで、今シーズンも魅せてくれることを願っています。

さて、場内アナウンスでは「氷上のアーティストをご紹介します・・・」とありましたが、
今の彼女は勝負師になるつもりだと思います。

プログラムはPIWでも披露されたシカゴから「Cell Block Tango」。
深紅のコスチュームに黒のロングブーツ
演技に入る前の表情を双眼鏡越しに伺うと、これは女豹?いや、おそらくスナイパーだと
思った・・・私はそこからすでにフミエワールドの麗しき罠に迷い込む。
氷上を縦横に滑り、ショール(?)を投げ捨てると、一気にテンポアップして妖艶な世界
へと誘う。
2Aはしっかり決めて、3Fはツーフットかな?
5月にPIWで見たときより磨きがかかっている。
でも、そこは天下のスロースターター。まだまだ調整途上か?
恒例通り締めはキャメルからシット、チェンジポジションして秒速4回転のアップライトへ!
これだから彼女のファンはやめられない。シビレマス!!

エンディングのご挨拶は、やはり狙撃のポーズ。今度見るときはぜひ「ドキュン」と打ち返したい。
美しきスナイパーの標的はワールド代表、そしてマリア・ブティルスカヤを越える最年長世界女王
に違いない・・・
きっと連れて行って欲しい。。。イェテボリへ・・・

私はしばし、別人モード全開で手を振って大はしゃぎだった・・・隣の人、ごめんなさい。


Dreams on Ice 2007観戦記(その6 第一部) [Dreams On Ice]

第一部に行こうと思いますが、昨夜のBSフジでの放送では、ついに副音声での会場音のみ
の放送が実現しました。
フィギュアファンの多くの願いをくんでくれたフジテレビに大いなる賞賛を表したいと思います。

さあ、第一部は鈴木明子さんからスタート。
なかなか大人っぽいプログラムできました。2007ユニバシアード優勝の力を魅せてくれました。
2番手は鳥居くん。若さできましたね。
村元さん、これまた大人のイメージです。
ジュニアも侮れない日本のフィギュア界です。

無良くん、帽子で登場。やはりお父さまにスケーティングが似ています。
水津さん、ノリノリできました。
町田君、回る回る・・・
小塚君、さすがは佐藤一門、流れるようなスケーティングですね。
中庭君、楽しませてくれます。

もう私は別人モード全開。数年前では信じられない自分です。

さあ、いよいよ我らがすぐりん登場です。
これはやはりソロで書かずにはいられまい。
次回いってみましょう。


Dreams on Ice 2007観戦記(その5 第一部オープニング) [Dreams On Ice]

さて、もうあれから1週間過ぎてしまいましたが、第一部のレポに行きたいと思います。
もうアイクリのHPにはランチョンの様子がアップされたようですが、あのステファン香水
ゲットした男性もしっかり掲載されたいました。最も強烈なツーショット(失礼・・・)

会場に入れば、やはり新横浜プリンススケートセンターは寒い!!
最前列は傘の水滴が凍っていたそうです。
今回は南アリーナの8列目、PIWとは違って作りつけのプラ椅子でした。
おそらくこの高さから新横浜で見るのは初めてです。
傾斜がきついので見にくいこともなく、まあいいかという感じです。
防寒装備を固めましたが、この程度であれば靴底カイロは不要でした。
隣のルイヴィトンのベルニのバッグ持っていた若い女性は思いきり軽装。
風邪引くよ・・・
反対側のご夫婦で来ているおじさんも軽装。

いよいよオープニング。神宮アイスメッセンジャーがセレモニーをリードします。
音声はこの高さは初めてのせいか、こもった感じです。
おそらく天井スピーカーの音が氷面で反射して、マルチパスで耳に届くせいでしょう。
出場スケーターが一人ずつ紹介されます。
キム・ヨナちゃんのピンクのパンツルック(へそ出し、寒そう・・・)は「かわいい!!」と
思わずつぶやく。
すぐりん登場!やはり生で見に来るコアなファンに人気は高い。
織田君もあいかわらずの人気。大輔くんも元気そう。
この日、一番の歓声はステファン・ランビエール。

紹介が終わると全出演者での群舞が始まる。
東京ワールドあたりから日本のショーも照明がきれいになりました。
あら?村主さんがキム・ヨナちゃんと交錯?GPSで2戦とも相まみえるので早くも火花か?
たぶん、村主さんはモスクワから帰ったばかりなので、いわゆる練習不足なだけ?
だってみんなとシンクロしてないもん・・・
お疲れ様です。

やはり競技でもそうですが、オープニングなどテレビでは放送されない部分がおもしろいですね。

今日はワールドのために調達した双眼鏡持参ですので、すぐりんの表情もバッチリです。
口径の大きい明るいタイプにしたのは正解。

ジュニアスケーターから登場です。滑走順欲しいです〜。


Dreams on Ice 2007観戦記(その4 リンクの外は・・・) [Dreams On Ice]

さて、いよいよ会場でのレポと行きたいこところではありますが、リンクの外の醜い話を
書かずにはいられなくなったので、ちょっとばかり苦言を。

安藤さんの欠場について、スケ連の伊東強化部長が詳細について説明を求めるという話題が
出てきました。
恐らく一部のファンからも突然の欠場で怒り心頭の方もいるかと思いますが、連盟も少し
大人げない対応ではないかと思います。
スケーターは大なり小なりけがを抱えています。そしていつ何時大けがをして、突然に銀盤を
去るリスクを負っています。
そんな中でスケーターを守ってやるべき連盟のこの対応は大人の対応とはいえないものだと
思います。

フィギュア観戦はエキシビジョンやアイスショー、競技会においても出場者のリスクは
つきものです。
私も2006年3月のシアターオンアイスの前夜に村主さんがウイルス性胃腸炎で欠場の
知らせを受けて、とても残念な思いをしましたが「世界選手権のカルガリーに行ってから
じゃなくてよかった・・・」と気持ちを切り替えて、プルシェンコもトトマリも見られる
から十分。村主さんは休養してくれてよかったと気持ちを切り替えて楽しんできました。

どんなときでも応援する気持ちをもって、けがならしっかりと完治することを願っていたい。
どうか昔からのファンの方、最近のファンの方も温かい心で応援していきたいものです。

今回は国民的アイドル(に祭り上げられてしまった)真央ちゃんも欠場で寂しい思いでした。
しかし、彼女は9月にキム・ヨナちゃんと共に17歳を迎えます。
私的に見れば「魔の17歳」。
種目は違えども、その昔、テニスプレーヤー トレーシー・オースチンの悲劇を思い出さずには
いられません。16歳にしてウィンブルドンを制し、けがのためにコートを去った悲劇。
連盟、コーチ、家族、そしてファン。みんなの力で魔の年を無事に乗り切ってほしいものです。

ご贔屓が出演しないショーはつまらない・・・なんて考えないで、別のスケーターの新たな
魅力を探すのもフィギュアの楽しみ方です。

けがをされたスケーターの皆さんはしっかり治して、シーズンを戦ってほしいものです。

さあ、次回はネガティブ気分一掃で怒濤のDreams on Ice レポートにしましょう。


Dreams on Ice 2007観戦記(その3 ランチョンパーティ編) [Dreams On Ice]

さて、ランチョンパーティは立食形式で約300名が参加していました。
テーブルは抽選で比較的後方の24番テーブルです。

早速、ブログ仲間の美輪さんやザルツさんとご挨拶。
びえいさんは同じテーブルでした。びえいさんの撮影機材に驚愕!!
下手な軽自動車買えちゃいます。

パーティの参加者は女性比率8割でしょうか?
乾杯から軽食と流れて、まずはチームJAPANの面々が登場。
みんな一斉にステージに詰めかけますが、押し合いへし合いなどということはなく、
さすがは世界一のフィギュアファンです。

村主さんはいない。あれ?世界女王の安藤さんもいない・・・
村主さんのことだからウォーミングアップ中かな?

それぞれに一言でしたが、奈也ちゃんかわいい!!(それだけかい)
というわけで、チームJAPANの面々は退場。

海外ゲストが入ってくるとまたも大歓声。
キム・ヨナちゃん、かわいい!!(それだけかよ)

ここで第一回抽選会で海外ゲストの愛用の香水プレゼントでした。
なんとランビエールのバーバリーの香水をゲットしたのは中年の男性。
「このツーショットは予想しませんでした」は司会の弁。
女性陣からは・・・なため息が・・・
まあ、男性スケーターの香水なので男性が当たっても・・・

しばし歓談の後、村主さんがシングルで登場!!
見境なく、ステージへ駆け寄りました。
あ〜、デジカメの望遠側が足りない。。。頭越しなのでぶれる。
パワーアップをマジで考えた。(帰宅後、早速カタログを大量ゲットして選定作業開始)
一つのテーブルが村主さんから指定されて記念撮影。(クヤシー)
あら、先ほどサイン入りパンフレット当たった男性がまたしても・・・300分の一の30分の一だから
9000分の一の確率。代々木体育館で一人という確率です。
隣の男性が「あれは当たりすぎで運を使い果たしたんじゃ・・・」などとおっしゃってますが、
まあまあフィギュアファンけんかせずで行きましょう。
村主さんのコメントでは新プロのため、モスクワから帰ったばかりとのこと。
どんなプロかは「企業秘密」とのことですが、「北欧で開かれる世界選手権にはぜひとも出たい」
との決意が聞けて、「連れてってくださいね」と思わず涙ぐみながら思う。

最後にサイン入りグッズの抽選もあり、私はこういうところで当たった試しはないので
気にしないですが、村主さんのサインは当たった人に見せてもらって写真はゲットできました。

CICのミスター真壁のご挨拶。
安藤さんはけがで欠場。アッキーも?
5組も欠場ですか・・・少し寂しいが私は村主さん出るから「金返せ!」とは思いませんが・・・
今後のショーの予定などあれこれ。来年は長野五輪から10周年ということで2月にショー企画が
あるとのこと。長野といえば・・・キャンデロロ!!呼んでね!!きっと。
ボナリーとコラボとか妄想はふくらみます。行くぞ〜!!
(地震で被災された方々に心から御見舞申し上げます)

パーティもめでたくお開きとなり、ゆかいな仲間を引き連れて、雨の中新横浜プリンス
スケートセンターへ向かいます。

今日は思い切り楽しい日にしようと思った・・・


Dreams on Ice 2007観戦記(その2 ランチョンパーティの前に) [Dreams On Ice]

さて、当日は仙台も雨、台風は少し速度が落ちたようで、なんとか乗り切れるだろうと思い、
10時前に東京へ到着する新幹線で参りました。
ここでランチョンパーティまでは3時間半あるわけですが、天候の心配がなければ都内で用を
足して12時半ころまでに新横浜到着と考えていました。
しかし、この天候では次の日の予定もままならない恐れもありましたので、まずは新幹線で
新横浜へ向かうことにしました。

新横浜には10時30分頃到着。雨はしとしとと降っています。
ここで駅のコインロッカーに大荷物を放り込んで、向かうは翌日の予定にしていた鴨居駅前の
ららぽーと横浜
鴨居駅から徒歩で約7分ということでしたが、「こんな細い道を歩いていくの?」と思うような
歩道もない道路を歩いてららぽーと到着。最近出来た複合商業施設で名店揃いのダイニングコート
が連日行列の作っているとのこと。

東急ハンズがあるのでちょっと買い物をして、ダイニングをのぞいて見るとああ!もう大行列。
梅蘭の梅蘭やきそばはあえなく断念。
アトリウムのカリヨンがアクセントとなっていました。

さて、ブログ仲間たちから続々と到着のメールもあり、新横浜へ向かうことにしました。
鴨居駅で冷やしたぬきそばをかき込んで・・・新横浜へ。

事前にアーリーチェックインをお願いしていたので、部屋に荷物を置いてから、ランチョンの
受付のある5階シンフォニアへ向かいました。

初めてアイスクリスタルのパーティ出席に胸躍らせて受付の行列に参加しました。
会員番号の若い順に受付ですが、私は一番若い窓口。
最近会員増えたんでしょうね。
それにしても受付のオペレーション、少し問題ありでしょうか?

受付を終えて、テーブルは抽選。少し後方のテーブルですが、まあよいとしましょう。
村主さん、来てくれるかな?


Dreams on Ice 2007観戦記(おそらくその1) [Dreams On Ice]

さて、フィギュアも新シーズンに入りました。
フィギュアファンのシーズン最初のお楽しみの一つ、Dreams On Iceを観戦してきました。
当日は台風4号が接近する中で新横浜へ赴き、アイスクリスタルランチョンパーティに当選した
ので、美輪さんのところのブログのお仲間とのプチオフをかねて参加してきました。

今回は残念ながら浅田姉妹とクリス姉弟がけがのため欠場と聞いておりましたので少し寂しい
気がしておりましたが、村主さんは出場されるとのお知らせをいただいておりましたので、
楽しみにしておりました。

2007-2008シーズンはどんなシーズンになりましょうか?
昨シーズンはうれしいことあり、つらいことありのシーズンでしたが、niceなシーズンになることを
願って、レポしたいと思います。

さすがに前日は遠足の前夜状態で睡眠不足。ショーが終わってからも興奮さめやらずに睡眠不足で
台風に追われるように帰宅しましたので、詳細はまたということで・・・


Dreams On Ice ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。