So-net無料ブログ作成

北海道旅(食べ?)日記 ー全日本フィギュア2015ー(その2) [フィギュアスケート]

さて、12月26日土曜日。
今日から出る人も見る人にとっても特別な舞台、全日本女子SPと男子FSです。

午前2時に寝たものの、しっかり7時に起きて、長丁場を乗り切るために朝食です。
この日は、お昼に海鮮パーティの予定なので、館内のカフェレストランピアレで洋食ブッフェにしました。

piere.jpg

洋食といいながらも、パンより米。おかゆにしました。

しばらく休憩の後、友人を迎えに札幌駅方面へ。
昼食は、札幌駅ビル PASEOにある「町のすし家 四季花まる」http://www.sushi-hanamaru.com/index.html
人気店らしく、10時半には既にウェイティングが5組ほど。
清潔で明るい店内。

海鮮3種盛り、エビそばセットもランチメニューでありましたが、私はランチセットをチョイス。

hanamaru.jpg

満腹満腹・・・暖かくなったので、一路地下鉄で真駒内へ。
地下鉄にはミョーに厚着で荷物の多い人がいっぱい。(私もその一人ですが)
外は吹雪いている。
大寒波を呼びにやってきたのか。
駅前には「チケットゆずってください」の列。
さすがに某ジャニーズのコンサートのように「何でもします」はいなかった。

今回はアイクリであっさりチケットがとれて、拍子抜けと思いきや、世の中では大激戦だったらしく、特に男子FSの日はまぼろしとまで言われていたとか。
アイクリ会員番号は3000番台の私は、今年も1番窓口。
果たして、アイクリ会員番号1番の人は現役なのか?

今日の座席はロングサイド南側の端っこ。ジャンプコーナーではあるが、キスクラの対角。

夢の舞台のファンファーレが鳴る。

さあ、女子SP。
前半グループは会場に多少の空席がある。テレビに出ることも映像が残ることさえない選手がいるのは悲しい。フジテレビも商売なのはわかりますが、独占放送権を持つものとして、せめて映像は残してもらいたい。
全日本に出ると言うことは、既に数百人を勝ち抜いてきているのだから。

それにしても、第1グループからセカンド3Tが乱れ飛ぶ〜〜
恐ろしい時代は、私たちは生きている。

男子FS、注目は「滑る銀行員」山本耕新くん。フジテレビさん、撮影しないの?メインバンクじゃ無いけど後悔するよ。

試合は進んで、最終グループ。
ここまでいくつのクアドラプルが乱れ飛んだのか?
6分間練習が一番緊張します。お願いだからぶつからないで〜〜

思えば3年前、羽生結弦が日本一になった瞬間の空気。
新王者誕生は祝福されたとは言いがたかった。
越すものと越されるものに摩擦はつきもの。
やはり最終滑走まで魔物はリンクにいたのか、それともスケートの神様の戒めか?
最終滑走、羽生結弦。
あんなバカげたスコアが1ヶ月に3回も出るわけ無いと思いながら、怪我だけしないでと願う。
滑り終わって、3年前とは異なる祝福の空気に涙がほろり。
やっと彼は全日本王者として認められたとこのときしみじみ思った(個人の感想です。)。

外は吹雪。氷点下6度の世界。
さあ、明日もまた夢のスタンドに立つのだ。
(つづく)




北海道旅(食べ?)日記 ー全日本フィギュア2015ー(その1) [フィギュアスケート]

大変ながらく放置しておりました。
皆様本年もよろしくお願い申し上げます。

あれから10年・・・
2005年全日本フィギュアスケート選手権に初参戦した私は、今回が10回目の参戦となります(2006年は不参戦)。
今回は12月26日から28日のメダリストオンアイスまで参戦してきました。

12月25日 クリスマスフライトなんて優雅なものでは無く、17:15に仕事を終えて90分で仙台空港離陸のスケジュールを組みました。
前回は最終便でしたが、やはり飛行機がディレイしたため、新千歳空港から札幌市内への移動が、最終の快速エアポートとなり、ギュウギュウ詰めでかなり体力を消耗したこともあり、綱渡りのスケジュールを組みました。電車が時刻通りに動いて、到着から5分以内に金属探知機を突破すれば十分可能。
遥ちゃ〜〜ん、優香ちゃ〜〜ん(海鮮丼もスイーツも)待ってろよ!!

17:15 職場を脱出(600m離れたJRの最寄り駅へ疾走)
17:29 JRに乗る
17:30 仙台駅着
17:54 仙台駅発車
18:20 仙台空港駅着
18:24 金属探知機を一発突破
18:45 搭乗(ディレイ)
19:04 ドアクローズ
20:10 新千歳空港着陸

いやいや、まだまだやれるわ>わし

無事に札幌に着き、中島公園の宿泊先へ。
今回の宿泊は、3年前と同じ「札幌パークホテル」です。

p_hoteru.jpg

札幌オリンピックの頃に建てられたこのホテルは、16年前に出張で訪れた時に発表を行ったホテル。そのときにいつか宿泊したいと夢に見た空間でした。小さな夢ですが3年前にやっと宿泊できた。
10年前の代々木での全日本、伝説を最終グループと呼ばれたあの日があればこその宿泊だと思っています。

確かにハードは古くなりました。でも、スタッフの皆さんが作る空気は、ハードの古ささえも味わいに変えてしまう。
シングルなので、狭い部屋にユニットバス、中島公園の景色も見えない。でも、なんか快適なんです。プラズマクラスターの空気清浄機もあるし。

prasma.jpg

部屋に着くと22時20分。ここまでは、新千歳空港からまったく雪の上を歩かずに来ることができるのも、このホテルのメリット。
冬靴に替えてちょっとコンビニへ。
前日までは路面が黒かったとのことですが、その日は既に路面が整氷したてのスケートリンク状態。滑るのを見に来て、自分が滑ってなるものか。

札幌パークホテルのアプローチは、真冬

sphout.jpg

アルコールを飲まなくてもよい私は、加湿空気清浄機のおかげもあって、熟睡・・・結局寝たのは午前2時。暖房無しで十分眠れます。
(つづく)



東京ブロック2015観戦記 [フィギュアスケート]

さて、今宵はスーパームーンとか。

今年も熾烈なブロック大会の季節がやってきて、村主さんはもういないけど、東京ブロックは私にとって特別な場所という気持ちを捨てきれず、今年も行ってきました。

大会二日目から参戦となりましたが、この空気サイコー。
出る人も見る人も、それぞれの夢を見る。

印象に残ったところだけ。

新葉さん、ひとりだけ別の世界に行ってしまってる。

西野さん、満場スタオベでした。ラストシーズンみたいですね。

永井さん、私の大好きなルッツが決まらず残念。東京の最終滑走を張れたとはすごい!

次の観戦は、全日本の予定です。
激烈なチケット戦争を勝ち抜いて、真駒内でお目にかかりましょう。

昨年までは、11月にシーズンが終わってしまいましたが、今期は遥&優香 with 結弦応援団に徹します。
真駒内で見たいのは、羽生結弦の4連覇、そして遥ちゃんと優香ちゃんの日本一(二人はムリだって)。



nice!(1) 

THE ICE2015 仙台公演観戦記 [アイスショー]

暑中お見舞い申し上げます。

みなさん溶けていませんか?

かなり長期にわたって放置していましたが、先日THE ICEの仙台公演(会場は利府町の悪名高きセキスイハイムスーパーアリーナ)の千秋楽に参戦してきました。

3月に公演があることがリリースされて、「あるのか・・・」くらいに思ったのですが、近県に住む友人から「行かない?」と誘われて、チケットもとってくれるとのことで、専用車(要するに私の車で会場入り)も用意して、まだまだ先だと思っていたら、もう8月・・・一つ年をとって・・・

というわけで、全体の千秋楽ですので、会場は超満員!!
今回はスタンドの1列目での観戦でした。フェンスちょっと邪魔・・・

よくよく顔ぶれを見れば、なんとまあ豪華なこと。
(なんとまあ会場の暑いこと・・・汗・・・)
ホカロンよりヒヤロンが必要でした。(ロッテさん、お土産くれませんでした)

やはり、誘われなければ行かなかったと思いますが、氷見るとアドレナリンが出て、元気になります。後日使い物にならなくなります。

それぞれのプログラムにはあちこちで詳細がありますので、印象に残ったとこだけ。
ミーシャ ダイスケリスペクトメドレー:完コピ?本物の乱入は無いの?

ケイトリン(ダンスの方)とアンドリュー : ロミジュリ。死んじゃうの?死なないのは仙台のやんちゃ坊主だけでしたね。どうもこの曲は討ち入りを連想させる(陣太鼓鳴っても驚かない)。でもストーリーに忠実で素敵!

パン&トン : このまま現役可能ですね。3twの美しさ、スロージャンプの着氷たまりません。

カロリナ: 曲が鳴った瞬間、「キャー!!」(となりの人ごめんなさい)。たまありワールドで見たボレロの印象は鮮烈。また生で見られるとは。

真央さん : ポルウナがもう一度見たいの1位?ちょっと不思議でしたが、2008年の思い出深い長野全日本のMOIを思い出してホロリ(章枝さんの最後の全日本表彰台、FS1位そしてワールド代表)。超絶ステップがキタ〜〜

サプライズゲストは、おねーちゃん(舞さん)。ダンス指導とトークショー。少しぶっちゃけは抑え気味。「マオと雪の女王」やらないの?

フィナーレは、全体の千秋楽なので、小道具のプレゼントまで。
壺(パトリックのサイン入っていたらしい)は、置くところあるんでしょうね?

ジャンプ大会。。。無いのね。やんちゃ坊主いないし・・・

特に推しメンもいないショーではありましたが、楽しくて・・・お腹が空きました。

駐車場を脱出するまで約1時間・・・交通アクセスは大問題ですね。
これアクセスよければ、全日本開催できるのですが・・・

あ、休憩時間にトイレに行ったら、村井知事が・・・どうでもいい

ということで、怒濤のショーシーズンももうすぐ終わり。
ブロックもGPも始まって、あっという間に暮れが来ます。

次回参戦は、9月末の東京ブロックの予定です。
章枝さんはいないけど、優香ちゃん、そして少し興味があるのは蔵さん、神戸さんあたり。
皆様、今季もよろしくお願いします。
nice!(1)  コメント(0) 

旅日記2015GW [プリンスアイスワールド]

さて〜、絶賛放置中ですが、今年もプリンスアイスワールド横浜公演に参戦してきました。
東京駅で3分間の乗換をやってのけて、朝からへとへとになりながら新横浜へ。
これで11年目の参戦となりますが、初参戦の2005年はショーの存続さえ危ぶまれた時代でした。
今は、超満員で隔世の感がしています。
今回の座席は北側の4列目。
IMG_2519.jpg

極北で愛を叫ぶ?誰に?
今年の推しメンは、太田由希奈さんと最年長西田美和さん。
顔ぶれも演出も変わりましたが、ゆきなはんの右手は健在。彼女は右手で魅せるスケーター。私、スケーターはパーツか一芸で恋に落ちます。
絵美さんは右目、エレーヌはブルーアイズ、章枝さんはルッツの高さ、遥ちゃんは左手の指先、優香ちゃんはとんでも無く高いルッツ・・・

相も変わらずふれあいタイムは修羅場・・・
昔はほんわかしてよかった・・・
今年も楽しいショーが終わって、横浜は暑いくらいの気温。
今回は初めて新横浜に宿泊することにして(最近、ホテル代金が高すぎますね)、ひとやすみして元町へ。

カーディガンの修理をフクゾーさんにお願いして、いつもの靴屋さんに寄ったらあまりにもぴったりシックリくる靴が・・・連れて帰りました・・・
でも、元町にツルハがあるのがちょっと・・・違和感

みなとみらいを経由して、新横浜に戻り、夕食は新横浜ラーメン博物館ですみれの味噌ラーメン。
IMG_2573.jpg

初代よりあっさりになりました。

翌日、東海地方に移動して、帰宅はセントレアから。
ひつまぶし食べたい〜〜〜〜大行列。。。またありつけない。
若鯱家でエビ天カレーうどんにしました。
IMG_2586.jpg

無事に帰宅の途につきました。



次回参戦はTHE ICE 仙台公演になる予定です。

世界フィギュア国別終了によせて [世界フィギュア]

さて〜、まずは中野友加里さん、ご婚約おめでとうございます。
トリノ世代もそれぞれの明日に向かってスタートですね。

世界国別フィギュアもチームアメリカの連覇で幕を閉じました。
現地観戦の皆様、お疲れ様でした。
そして、自宅スーパーアリーナで観戦の皆様もお疲れ様でした。

これで今シーズンも一応は大きな大会が終わって、氷上人事異動やら忘年会シーズンとなります。

今シーズンで引退したスケーターを思いつく限りで並べてみれば、
髙橋大輔さん
村主章枝さん
町田樹さん
キャシー・リードさん

時代は毎年終わって行く、そして新しい時代が作られる。
愛と夢は絶えることがないようです。

日本では今は男子シングルの絶頂期、女子は終わったなんて言われるけれど、まだまだ新しい才能が私たちを楽しませてくれるはずです。

国別は自宅スーパーアリーナ観戦でしたが、見所満載で多少のお祭り騒ぎはありましたが、観戦マナーも少しはよくなったとかでよい試合でした。

それにしても、羽生くん・・・GALAなのに目がガチ・・・
パリをどれだけ破壊するのか?フランスに入国拒否されかねない(笑)
でもシャレのわかるフランス人なら、勲章くださってもよいくらいですね。

選手、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
私は、PIW横浜に5月2日午前に参戦して、事実上今シーズンの現地観戦を終える予定です。

既に11月NHK杯については、長野の宿泊がとれない模様。
来季に向けて動き始める・・・世の中早すぎ・・・
nice!(0)  コメント(3) 

世界国別フィギュア開幕によせて [世界フィギュア]

さて〜、また数ヶ月放置してしまい、全日本も世界選手権も終わっております。

明日からはシーズン最後のお祭り、世界国別選手権が開幕します。
ついに我らが羽生結弦が初出場。
第2回オペラ座世界一決定戦となります。
本当はお休みしてほしいのですが、彼の辞書にはそんな言葉は無いかも。

実際、日本が優勝できるかというとかなり難しい状況ではありますが、勝つ気でいかないと銀も銅も取り逃がしてしまうわけで、きっとすごいもの魅せてくれるはずです。

私は残念ながた現地参戦は断念して、自宅スーパーアリーナでの観戦となります。
現地の皆さんと気持ちを結んで応援したいと思います。

今年は、恒例通りプリンスアイスワールド新横浜に5月2日に参戦。
ザ・アイス仙台公演に参戦して、10月東京ブロックに参戦、あとは開催地にもよりますが全日本に参戦するつもりです。
80年ぶりの仙台開催とは・・・開催してほしいです。
nice!(0)  コメント(0) 

2014NHK杯を終えて [GPシリーズ]

先日、NHK杯に参戦のため大阪なみはやドームに遠足に行ってきました。

2007年からおおむね隔年参戦してきましたが、現地に行かずに自宅でテレビ観戦すると、ドラマのいいところを見逃したようなビミョーな後悔に襲われていました。

チケット戦争は過酷。

30日の最終日しかとれず、29日は道頓堀今井(遥)できつねうどんと考えていたのですが、友人というのはありがたいもので、2週間前にチケットが天から降りてきて、29日も参戦となりました。

ああ、今井のうどんが飛んでいってしまった・・・と思ったのですが、NHK杯はドラマチック過ぎることが時々起きる。GP初優勝とか優勝はこれっきりとかの選手もいます。

というわけで、移動の飛行機を取り直し、宿泊もなんとか連泊にして準備を整えて、28日の夕方に大阪へ。
ana.jpg

機内で夕食にありついて、移動も問題なく大阪に前のりしました。
pclass.jpg

29日 3年ぶりに大阪なみはやドームへ。
nami.jpg

今日はスタンドの3列目。こんな席が天から降ってくるとは感謝です。

フルカテゴリーのショートとフリー。
結果は悲喜こもごもですが、NHK杯らしい大会で何よりでした。

圧巻だったのは、やはり村上大介くんの初優勝。
2年前、利府のNHK杯で肩を脱臼して棄権して、選手生命の危機もあったとのことですが、優勝してしみじみ思った。

この日がくるのを待っていたファンの皆様おめでとうございます。

心地よい疲労を感じながら、膝にかなりの痛みをかかえていたこともあり、GALA前半で伊丹空港に向かいました。

GPシリーズもファイナルを残すのみですが、出る選手も出ない選手も最大の敵である怪我に気をつけてシーズンを進めてほしいです。

私?
章枝さんの引退とともに生観戦を引退するつもりでいましたが、かなりムリのようです。
まだまだ私の姿が観戦から消える日は来ない・・・予定です。

みなさん、よろしくお願いします。

村主章枝、引退によせて [村主章枝]

「村主章枝 世界女王に」

と書くのが私の夢でした・・・

夢は今日終わりました。

さて〜、フィギュアスケーター村主章枝が今日、引退会見を行いました。
これで4度目の引退騒動(?)ですが、今度は本当でした。
岸記念体育館で引退会見を設定してくださった関係者に感謝。

思えば、村主章枝というフィギュアスケーターを知ったのは、18年近く前のことになります。
「こんな高いルッツを跳ぶ女子が日本にいたのか?」
これが第一印象でした。

その頃は、テレビ放送も少なく、情報も無い中でテレビでも雑誌でもなんとも読みにくい名前だと思いながらも、名前を見るたびにいつか生で滑る姿を見たいと思いました。

1997年全日本、転倒で長野オリンピック出場が叶わなかった時には、開催国枠ないの?と思ったものです。

2002年ソルトレイクシティ、総合5位ながらもエキシビションに出場。

世界女王にはとうとう届かなかったものの、世界選手権で2002年、2003年連続銅メダル、そして日本人初のグランプリファイナル優勝、四大陸選手権3回優勝、2004年四大陸での恩田さんとの一騎討ち。

私が念願叶って、彼女が滑る姿を生で見ることができたのは、2005年5月5日プリンスアイスワールド横浜凱旋公演の千秋楽でした。
あの日のアダージョとキダムは永遠の記憶に留められるものです。

トリノオリンピックシーズン、股関節の故障で果たして?と思いましたが、もしかしたら国内で競技を見られるのは最後かも知れないと思い、全日本選手権観戦に行きました。
5度目の日本一、オリンピック出場。
メダルには届かなかったけれど、フミエワールドはトリノの地に花が咲いた。

カルガリーの世界選手権、あと一歩で世界女王には手が届かなかった。

2006年全日本。東京の世界選手権で村主章枝の世界一を見る夢はかなわなかった。

スポンサーには恵まれたとは言えないスケート人生。
でも、村主章枝はフィギュアスケートの世界でパイオニアであり続けた。
パンツルックの衣装、ボーカル入りの曲、時代が追いついた。

思い出は、書き切れないほどありますが、次のチャプターはコリオグラファーの道にローリーの下で進むとのこと。
これは願ってもない理想のセカンドキャリアだと思います。

この場ではありますが、

村主章枝さんへ

長い競技生活、本当にお疲れ様でした。
フィギュアスケーター村主章枝は、競技を引退しても、私の永遠のナンバーワンスケーターです。
いつの日か、競技会場のスクリーンに”Coreographer  Fumie Suguri”と映し出される日を楽しみにしています。
あなたのファンでいられたことは、私の幸せです。


覚醒の時 羽生結弦映像集インプレッション [フィギュアスケート]


羽生結弦「覚醒の時」 (初回限定豪華版) [Blu-ray]

羽生結弦「覚醒の時」 (初回限定豪華版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



さて〜、先々週、アナと雪の女王の向こうを張って、羽生結弦くんの映像を集めたDVDがリリースされました。

アナ雪と同時期にリリースは結果論とはいえ、なんと無謀な・・・

でもかなりの売れ行きらしく、ホッとしております。
私のところには同じ日に届いたのでどちらを先に見るかジレンマに。

結局、休日にしっかり見たわけですが、何よりよいのは競技会映像に実況と解説がない。(特に某アナウンス部長殿)

懐かしい映像もたくさんありました。
2007年仙台で開催された全日本ジュニア。
眠ったら空から天使がお迎えに来そうなほど極寒の会場で、SP7位からFS1位で3位表彰台に上がったあの日の風景がよみがえる。
私も会場にいまして、少しだけ写っていて、懐かしい気持ちになったり。

いずれ世界一になると思っていたけど、こんなに早くとは思わなかった。全日本チャンピオンになったときは、「大きくなったな」としみじみ思ったこと。

映像を見ながらいろいろと思い出してホロリでした。

長いショーシーズンを終えて、今期はフィンランディアから連覇へのスタートを切るとのことですが、最大の敵である怪我のないように。
これは全てのスケーターに願うことです。

仙台七夕直前には、仙台の中央通りのドトール(だけではないと思いますが・・)では短冊にお願いごとを書く企画があるはず(今年はどうでしょうか?)。

お願いごとは、羽生くんの無事と連覇のお願いは、巷にあふれる方々におまかせしてと・・・
私は、村主章枝全日本出場をお願いします。
あしからず。

Happy New Season!! Welcome to 2014-2015 Season!! [フィギュアスケート]

皆様、あけましておめでとうございます。

新しいシーズンがやってきました。
現在は怒濤のショーラッシュですが、私はPIW横浜以来参戦しておりません。

次回は、おそらくは10月の東京ブロックになると思います。
全日本は、80年ぶりの仙台開催をと思ったのですが、長野開催となりました。
宿泊とれません・・・

いろいろありますが、今期も懲りずに村主章枝応援団(遥ちゃんと優香ちゃんも)に徹したいと思います。(3人とも東京ブロックですね)

氷のそばでお会いする皆様、今期もよろしくお願いいたします。

絶賛放置中!! [つれづれ]

さて〜、最近訳あって多忙のため、ブログは放置しています。

羽生くんのパレードも行きました。
PIW横浜も行きました。

もうしばらく放置します。

元旦(フィギュア年度)あたりに、復活予定です。
皆様・・・ご期待していないか・・・

もうすぐGPアサインも出ます。
来年度(フィギュア年度)の日程も出るでしょう。

そろそろ全日本を仙台でやりましょうよ!!
80年ぶりに



nice!(1)  コメント(0) 

世界フィギュア閉幕によせて [世界フィギュア]

さて〜、世界フィギュアスケート選手権も終わりました。

思えば3年前、幻の東京ワールドの時は、大震災の夜に5分毎に揺れが来る漆黒の闇の中で、「生きていれば、きっとまたワールドを見ることができる。」と思っていたことを思い出します。

というわけで、今回はアイスダンスFDと女子フリー、GALAに参戦してきました。

28日の夜に仕事が終わってから都内に移動しましたが、宿泊先に着いてテレビをつけると、ハピちゃんの滑走でした。果たして、ゆづはどうなった?いくら追いかけるゆづは強い、がしかし、ゆづをもってしてもあの得点差はどうなるやらと思っていましたが、結果を見れば、ひっくり返していたのには驚きました

たぶん、SPはパトリックと大輔がいなくて、気合いが入らなかった?
町田くんが火をつけたと思います。

なんともよいお祭りになったものです。

アイスダンスも、大激戦で楽しい。

女子も時代を彩った選手がそろって楽しい大会でした。
みんな大きくなって。。。。

GALAもとても楽しかったし。

細かいことはいろいろありますが、7年ぶりの日本開催を堪能できました。

現地でお目にかかれたみなさん、会場が大きすぎてお目にかかれなかった皆さんもありがとうございました。



nice!(2) 

浅田真央は、やはり世界に愛されていた [ソチオリンピック]



さて〜、少し時間も経ってしまいましたが、余韻があまりにも心地よかったということで、落ち着いてから書きます。

浅田真央さんが、恐らく最も記憶に残るフリースケーティングを披露しました。
前日のSPでは、まさかの順位。
スケート人生に限らず、人の人生には上り坂、下り坂、そして「まさか」という坂もある。
まさかがオリンピックで起こるとは、なんとも悲しいと思ったSPでしたが、真央さんと出会ってからのことが思い出されました。

浅田真央というすごい中学生がいると噂になっていたころ、10年前に宮城で開催された全中で、私は彼女を初めて見ました。
まだ14歳だった彼女を見て、この子はいずれきっと世界女王になる、そしてキャサリンとみどりさんの全日本8連覇に並ぶか、超えていく夢を勝手に託した。

世界ジュニアを制し、15歳でGPファイナルを制覇し、トリノオリンピックは85日だけ年齢が足りず、騒動に巻き込まれた感もあった。
2007年東京での世界選手権は、2位。
そこから、全日本を4連覇。そのときは、超えて行くと思ったけども、浅田真央をもってしても、全日本8連覇は超えられない偉業だったと思い知らされた。

時代が違えばと思ったこともあったが、この時代に生きたからこそ、ここまで来られた。
マンガでもあり得ないくらいのドラマがたくさんありましたね。

今回のFSは、多少のURをとられたものの、とらなくてもよいくらいのレベル。
某国は、疑惑の採点などと騒いでいますが、ことフィギュアスケートの採点については、100年前から主観も思惑も国際政治も絡んでいます。

FSも第2グループの12番滑走で、体中に力が入ってかなりの緊張で見ていて、3Aが決まった瞬間には、真夜中にもかかわらず「やった〜〜〜〜」と飛び上がる。
コリオシークエンスの旋律では、8年前をフラッシュバックさせて泣きながらテレビの前で手拍子。

現行採点方式なら、高得点の出るルーチンを、曲だけ変えていけばかなりの高確率で勝てる。

でも、泣けるプログラムに出会えるのは希有なこと。

よい時代に私も生きたと思いたい。
次の世代も、よい時代に生きたと思いたい。

さて、ソチ時間で暮らすのも、あとわずか。
今宵はレベルもGOEも回転不足も無い、楽しいGALA。
最後の夜更かしを楽しもうと思います。

みなさん、起きてますか〜〜〜〜〜〜?

ソチオリンピックもあと1週間 [ソチオリンピック]

さて、オリンピックもあと1週間。

あれだけ待ちわびていましたが、始まってしまうと早いものです。
今夜はアイスダンスフリーダンス。
日本カップルは残念ながらFDに進むことはできず。
今夜は自粛したいと思いましたが、結局メリチャリは見ちゃうのかなと思います。

開会式から、懐かしい顔ぶれに少し別の角度から楽しんでいます。
聖火点火は、イリナ・ロドニナさん。
ペアでオリンピック3連覇、世界選手権10連覇の偉業を成し遂げた。
1980年、出産を経て復帰して金メダル。
あのときは、アメリカのタイ・バビロニア&ランディ・ガードナーとの対決が、SP直前での棄権で残念な思い。
もっと残念だったのは、ロドニナ&ザイツェフに向けられた”Go Home!!”の怒号。
開会式のアナウンサーが「今、笑ってオリンピックが開けることがこれほど大切と考えることができる時代になっています」と言っていた時代からは、隔世の感。問題はいろいろありますけどね。

男子のジャッジも34年前がよみがえる顔ぶれでした。
テクニカルスペシャリストにアネット・ペッチ、ジャッジにヤン・ホフマン。
我が青春のレイクプラシッドがよみがえりました。

あの頃はビデオデッキもなくて、13インチのテレビにかじりついて見ていました。
東西ドイツがそれぞれ3枠を持っていた時代、公平なジャッジと騒がれますが、露骨な冷戦がジャッジにも持ち込まれていた時代、1980年のヨーロッパ選手権でソ連ジャッジがロビン・カズンズに6点を出した時には、すごいことが起こったと思ったものです。

でも、あのころの特にフリーはなんでもありで楽しかった。

アイスホッケー米ソ決戦もすさまじかった。

なんか冬のオリンピックがくると34年前にタイムスリップしたように思い出すものです。

さて、あとわずかの期間ですが、応援しましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。