So-net無料ブログ作成

初選挙の想い出(不在者投票の昔) [世の中]

選挙の状況も大体見えてきましたが、もっとも思い出深い選挙は選挙権を得てから最初の
選挙である昭和60年の衆参ダブル選挙でした。
そのときは学校のサークルの遠征で不在者投票に行ったのですが、その当時仙台は政令
指定都市ではなかったので、市役所まで行ったものです。
けっこう混雑していたのですが、担当によってかなり対応がちがうというのが印象でした。
となりの人は細かいこときかないで投票させていましたが、私の担当はといえば、内容を
説明してもしつこく聞いてきた上に「そんな学校の行事では不在者投票は認めない」
みたいなことを言われて、業務上やむを得ない理由に該当しないかを延々と論戦を挑み
ました。学校は業務じゃないというのが理屈でしたが、立派に業務であると穏やかながら
緊迫した攻防が約20分続きました。
周囲は何事かと見ていたか、あきれていたかわかりませんが、結局最後に「ということは
仙台市選挙管理委員会は有権者である私に棄権せよと命令するわけですね?」と
言った時に上司らしい人がきて「失礼しました。投票して下さい」と言ってきて拍子抜けの
決着でした。今だったら、その担当者のお名前をネットに晒したかも(笑)。
というわけで無事投票できたわけですが、封筒が確か3重でした。
今の期日前投票は経験ないですが、かなり楽になったようですね。
さて、小泉郵政勝利の流れのようですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。