So-net無料ブログ作成

トリノ最終章 [トリノオリンピック]

トリノオリンピックも明朝の閉会式で幕を閉じます。
あっという間でしたが、結果にもいろいろ評価はあると想いますが懸念されたテロが
なかったことが何よりです。
昨夜アルペンの回転を見ていて、アルベルト・トンバと共にインゲマル・ステンマルク
の姿が見えて、彼もおじさんになったと想いました。
26年前のレークプラシッドで大回転と回転を制したときのことが思い出されました。
あのときは以前にも書きましたが、ソ連のアフガニスタン侵攻でボイコット問題に
揺れた頃で、アメリカの大統領はカーターさん、開会宣言をしたのがモンデール副大統領、
スピードスケートの会場は屋外だったことも印象にあります。
当時の開会式のアナウンサーが「笑ってオリンピックが開けることの意義がこれほど
問われる時代はかつてありませんでした」と言っていたのが思い出されます。
現在は果たして笑って開ける時代かどうかは微妙ですが、あのときのステンマルクは
凄かった・・・あの時代はスラローム系で余りにもステンマルクが強すぎてコンバインド
種目が設定されていわばステンマルクつぶしが起きた時代です。
なんかスポーツ界は結局変わりませんね。
今回、浅田真央ちゃんの年齢制限問題もありましたが、荒川さんの金メダルと絡めて
裏になにかがあったとうがった見方をする癖は私も変わらないところです。
村主さんは今日帰国したそうです。カルガリーの世界選手権で元気な姿を見せてくれる
ことを期待します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。