So-net無料ブログ作成
プリンスアイスワールド ブログトップ
- | 次の15件

プリンスアイスワールド2008横浜公演 その4〜第一部最高潮〜 [プリンスアイスワールド]

そんなこんなで舞台はアイスワールド美術館へ。

恩田さんのモナリザが・・・恩ちゃんは謎の微笑・・・だった・・・
まずは西洋画から。スーラの絵のモチーフでしょうか?
西田さんが傘を持ってヒラヒラロングで登場。いずみさんもいいわよね〜。
年齢の持つ味を魅せてくれる。

山水画でチャイナ風のプログラムを経て、日本画は写楽。鈴木君メインで連獅子など・・・
鈴木くんは足が長くてカッコイイさわやか系イケメンです。結構好き!!
最後に現代画は昔懐かしテクノポップ ライディーン。。。チームのみんな元気だ!

ここで中野さんのソロ。ムーランルージュのナンバーにのせて、巻き脚抑えめで2A跳ぶ跳ぶ!
高速ドーナツスピンとメヂカラ炸裂!!

第一部の最後を飾るのはスーパーコレクション。
まずはジュンジュンのソロ。
今年の肩書きはチームリーダー。毎年肩書きに注目しているのは私だけ?
2005年は夢公開のキャプテン、2006年は夢を売る百貨店のゼネラルマネージャ、2007年はドリームタウンの
ナビゲータ。昇格してるのは降格してるのか、報酬はどうなってるのか・・・不明。
今回のソロはこれまた妖艶系。もう悩殺されまくりです。やはり解説よりは氷上が一番!
参りました!

演技後は息を切らしながらMC。今年のグッズ紹介。やはりリーダーは商売もしないと・・・
ところでマグに入っていたのは。。。まさか日本酒?ありえないありえない・・・水ですよね。
でもリンゴジュースが疲れが取れていいかも・・・・
昨年と同じノリで盛り上げてます。
左隣のお嬢さんたち元気です。圧倒されてます。

スーパーコレクション第2弾は男性陣のプラチナコンビ、大島さんと薄田さん。
薄田さんは昨年の腹出し(?)ファッションの影響か、メタボリック進行中?
二人の老紳士が過去のフィルムを見ていて寝入ってしまって、夢で若返る。
薄田さん、バックフリップ!!
大島さん、一昨年腰を痛めて以来封印?さみしいね〜。
二人のスロージャンプ!!
映画 俺フィギのモチーフなのかな?

次には鈴木くん、田中さんや松橋&新海コンビの高速走行でF1のモチーフ。
目の前を高速で駆け抜けて行く二人にEXシート満喫!!

ここで恩田さんのソロ。ちょっと重たそうですがパワフルな滑りは健在。

スーパーコレクションの最後はボレロでシンクロ。
これ圧巻です。名曲をものにするのは難しいが、プリンスチームはテーマ通りの時空を超えて
のパフォーマンス。
私はボレロには2つの思いがある。一つはサラエボでのトービル&ディーンの滑り。サラエボで
平和が来るのはいつの日か・・・
そして、2006-2007年シーズンの村主さんのSP。とうとう生であのボレロを見る日は来なかった・・・
長野NHK杯も断念。全日本も断念。東京で、ワールドで見られるから・・と思ったが叶わなかった。
それ以来、後悔しないように可能な限り彼女の滑りを見ようとショーやコンペに足を運ぶ。
そして、今でも私のジンクスは生きている。
ショーであれ、コンペであれ。私の前では彼女は転倒していない。
今日も、もちろんつながれるジンクス。これを信じていた・・・

第一部が終了。休憩タイムはちょっとしたお楽しみ・・・

(つづく)


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2008横浜公演 その3〜そして夢の中へ〜 [プリンスアイスワールド]

開演のベルが鳴る。照明が消える。スポットライトが点灯。
そして、夢の中へ一気に引きずりこまれる。

オープニングのプリンスチームの群舞はザッツエンターテイメントにのせて、夢のような旅へと誘う。
西田さ〜ん!いずみさ〜ん!みなみちゃ〜ん!舛尾さ〜ん・・・いない・・・
シンクロとリフトを交えたレビューでもう気分はサイコー!
でもやはりプリンスチームのレビューは南で見ないと陣形がわかりませんね。
来年こそはめざすぞ!南最前列!!

ここで今年はしーたけコラボプラス1で恩ちゃんもコラボ。坂本龍一のナンバーでの滑りを堪能!

今年のテーマは「時間と空間をこえて」。プリンスのショーは時空を越える旅そのものなのだ。
DearWomanにのせて、いずみさんがモンロースタイルで登場。もうろうとしてしまいそう
(さむい・・・)
それにからむは監督にアツシです!カメラマンは日本一の酔っぱらい、もとい滑る酔っぱらい
(結局そこか・・・)薄田さん。
スカートの中撮影してひっぱたかれてます>酔っぱらい。。(だから〜)

一気に時代は現代へ西田さん以下、女性メンバーのレビュー。
またも時代はさかのぼって、原始時代へ。衣装は相当なセクシー系。
邪馬台国のモチーフでみなみちゃんが卑弥呼に扮する。

クレオパトラの時代になれば、新ペア フィオナ・ザルコワ&ドミトリー・スハノフがダイナミックな
リフトで魅せてくれた。エレナ&アンドレを初めて見たときの衝撃は鮮明に覚えているが、これまた
期待させるペアの登場を予感させる。

最後は時代を作った女性たち、プリンスチームの群舞。
もう長旅の疲れは完全に吹っ飛び。明日は筋肉痛モードにはじけ飛んでいる。
しかし、右隣のお嬢さんたちのはじけようには完敗!
そうこなくっちゃ!

ゲストのトップバッターは奈也ちゃん!!
かわいい〜!!!(それしかないのか)
昨年仙台で初めてシニアの国際大会の表彰台に立ったことは仙台市民として誇りに思う。
前半はしっとり系のナンバーだが、苦手のフリップに挑む。転倒はしたがショーで苦手の
ジャンプに挑む姿勢に拍手!!
そして後半は奈也ちゃんの真骨頂、アップテンポなナンバーで元気いっぱいの奈也ちゃんを
魅せてくれた。

中庭君はJ・ブランとのナンバーで魅せてくれた。年齢は日本の一線級では最高齢といえるが
若けりゃいいってもんじゃない。まだまだ現役でクァッドもガンガン跳んでほしいものだ。

今日は会場もさほど寒くない。もちろん私は例年通り完全装備。靴底にはカイロ。
ひざから足首は新型の膝サポーター。これは水分で発熱するというすぐれもの。

もう身体が熱いほどに感動の嵐に身をおいていた。
まだオープニングなのに、既に「夢をありがとう!感動をありがとう」の気持ちが心を心地よく
満たしていた。

(つづく)

nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2008横浜公演 その2〜開演まで〜 [プリンスアイスワールド]

その日は長旅で既にクタクタ状態で階段を昇るのさえつらくなっていましたが、会場に入場して
リンクとステージを見たら、テンション上がりまくりで別人モードに切り替わり。疲れも吹っ飛んで
しまいました。

通路でプリンスのスタッフ姿のあられさんと遭遇。「今回の章枝ちゃんはいいですよ」とのこと。
バイトでショーを見ることはできないそうだが、趣味と実益、なかなかいい生き方をしてる。
学生のうちはショーを見るのも大変だが、心からのエールを送ります。

今日は西側エキサイティングシートの19番。
プリンスのレビューを見るにはやはり南側がよいのですが、今年の西側はおいしいとの情報を
得ていたので楽しみ。
ゲストの演技を見るのはロングサイドのセンターで最高のポジション。

今年のパンフレットは大判で写真集になっています。50冊に一つで全出演者の生写真にサインが
入ったのが入っているとのことですが、あえなく敗退。こんなところで運は使えない・・・
(負け惜しみ)

今年のEXシートのプレゼントはイルミネーションライトと荒川さんデザインのイラスト入りエコカイロ。

cylium.jpg

warm.jpg

このエコカイロ、使い捨てないのはよいのだが、使った後に再度使うには煮沸しなければないというスグレモノ!
リサイクルするのにエネルギーを使うのはあまりに中途半端なエコと我思う。

さて、通路をうろついていると「すいませ〜ん!えっくすさんですか?」
何度かコメントいただいた”こおりのじょーおさん”からお声掛けいただき、握手求められました。
こんな感じで読者の方、3人ほどからお声掛けいただくわ、握手求められるわ。。。
私は一体なにもの?状態でした。

南アリーナに移動して、”愉快な仲間”のみなさんと再会。Azzurroさんともご対面!
Libertyさんもいて、ご挨拶やらなんやらで時間はあっというまに過ぎて、開演10分前。
着席して、開演を待つ。私の真後ろはアナウンス席。お声は毎年聞いていたが、初めて場内アナウンス
の方を拝見。あら、かわいいじゃないですか!

開演5分前。ベルがなって、いつも通りつい手拍子を・・・1人で浮いてしまった・・・
いいじゃないか!完全別人モードだ!
普段の私を知る人はフィギュア観戦時の私の凄まじさを知らない・・・

そして、開演のベルが鳴る・・・

(つづく)
nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2008横浜公演 その1〜Road To Shin-Yokohama〜 [プリンスアイスワールド]

5月5日 その日愛知県内にいた私は長旅の疲れでへとへと状態で新横浜に向かうべく、名古屋駅に
向かう。
お昼には駅ビルでひつまぶしと企んだのですが、11時前に着いたのにお目当てのひつまぶし屋さんは
大行列!名古屋の外食事情はどうなっとんじゃ?
ということで時間もビミョーなので断念して、名古屋名物スガキ屋でラーメンにしました。

外はかなり強い雨。今回はのぞみの500系(通称W編成)に乗ってみました。この車両が東海道区間
から姿を消す日も遠くはなさそうなので、もう一度乗っておくことにしました。

新横浜までは一駅なので少し眠っておくことにして、280km/hの世界を堪能。
横浜も雨の予報でやはり私は遠足の日は雨が降る。
あっという間に神奈川県に入り、新横浜に到着。
500系とも恐らくお別れとなるだろう。

今日も新横浜は人出が多い。例年通り横浜アリーナではジャニーズのコンサート。
新横の駅を出ると駅ビルが新しくなったために駅前は一変していて、これはとまどう。

通常通り歩道橋を渡って行ったが足取りは重い・・・すでに旅に出て5日目で疲労はピークです。
半分息を切らしながらも新横浜プリンススケートセンターが見えてきて、午前の部が終わった模様で
妙に厚着な人たちとすれ違う。
まだ行列はないようだが・・・何かが違う。
今回は正面玄関ではなく東ゲートから直接入場するので、行列はそちらに出来ていた。
EXシートとSS席、その他と別れての入場列に並んで待つ。私、ギリギリの時間で入場が
嫌いなんですよね。
開場時刻になっても中からは続々と午前の部のギャラリーが出てくる。私たちみたいな最後まで
しぶとい人多いのかな?

そして入場すると変わることのない新横浜プリンススケートセンターがそこにあった。
一時は売却対象とまで言われたリンク。救ってくれたのは荒川さんの金メダルであることは
疑いようのない事実。

夢の世界へ誘うプロムナードへ足を踏み入れる・・・

つづく
タグ:プリンス
nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2008開幕によせて [プリンスアイスワールド]

フィギュアファンのシーズンオフのお楽しみ、プリンスアイスワールドが26日から新横浜プリンススケート
センターで開幕します。

私も4年目の横浜参戦となりますが、今年もまた楽しいショーを魅せてくれることを期待します。
今回は一時に比べればゲストも少なくなり、プリンスチームの演技もゆっくり見ることができそうです。

ゲストで村主さんと武田奈也さんが出演されるとのことで、楽しみ倍増!!!
村主さんの妹、千香さんのブログによれば、本日村主家には台風が上陸したもよう。
モスクワ仕込みの巨大台風にファンは胸をときめかせています。
今度は何を魅せてくれるのか。。。

私は例によって、5/5午後の部に参戦します。
旅の終盤で参戦するので、またしても大荷物を抱えての旅となりますが、楽しみが多いと身も軽い!!

というわけで、参戦の皆様、新横浜は日本一寒いリンクです。装備を完璧にして臨みましょう。
尚、新横浜プリンススケートセンターはアイスワールド閉幕後に改装のため5/31までクローズとの
こと。

6月のDreams on Iceで改装後の姿を見られることでしょう。

私は今年もEXシートでいつものスタイルで大騒ぎしていることでしょう。
今回も皆様よろしくお願いします。

nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2007 新横浜公演 最終章 恒例ふれあいタイム [プリンスアイスワールド]

さて、あれから1ヶ月。

PIWならではの恒例ふれあいタイムです。
このために大枚はたいてエキサイティングシートをゲットしたようなものです。

今年も村主さんにはちょっとした贈り物を用意していました。
エンディング後、早速立ち上がってフェンス際を確保。
西側から回ってくるので、かなり早くにお渡しすることになります。

隣のカップルの女性がツーショット撮ってもらっていました。
私もツーショットで参戦しないとだめですね。

村主さんを呼び止めて、贈り物をお渡ししました。
いつも通り「来て下さってありがとうございます」と礼儀正しいお言葉をいただいて
幸せいっぱい。握手していただいて「お体に気をつけて」と言った途端に涙がこみ上げて
ほんの数秒ですが村主さんの手が離せなくなってしまいました。

思えば昨シーズン、つらいシーズンだったと思います。同じように私にもつらいシーズン
でした。

他には何も言えなかったけど、幸せをいただきました。
あ、写真お願いするのを忘れてしまいました・・・残念。
まあ、いいでしょう。

来シーズン、果たしてどうなるか・・・
私の願いはただ一つ。彼女の願いでもあると思いますが、世界女王に輝くことです。
若い世代の台頭、ジャンプ合戦寄りのルール。
でも、フィギュアの楽しみはそれだけではないはず。
ここから先は世界女王になれば、それは最年長女王。

誰よりも遅く咲いた花は誰よりも長く咲き続けられる。
フミエワールドの旅、このまま終わってなるものか・・・
できるかどうかわからないけど、もし30代の世界女王誕生なんてことになったら
痛快だとおもいません?

というわけでGPシリーズのアサインも出ましたが、今年はチャイナとロシアに参戦とのこと。
仙台で見ることは叶いませんでしたが、力の限り戦って欲しいものです。

村主さんは最後まで皆さんと接していました。
西側から子供達の「ふみえちゃ〜ん!」の声に西アリーナに戻っていました。
最後に退場するまで私は南の2階から見送っていました。
退場のご挨拶はさすがのショーマンシップ。

2007-2008シーズンの旅を楽しみに、横浜遠征も終了となりました。

後日、私のふれあいタイムの行動はしっかり報告されていたのだった・・・・
フィギュア見てる私は別人!!


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2007 新横浜公演 その6 そしてフィナーレへ [プリンスアイスワールド]

しばらく体調を崩していたので、久々の更新です。

ここから第二部も終盤です。
スケーターズドリームタウンの情景。
四季の情景です。
鈴木くんがトランクを持って新たな旅立ちを表現。

夏。曲はWhiteberryの「夏祭り」に乗って、プリンスチームのノリノリ群舞。

秋。「小さい秋見つけた」。鈴を使った演技でしっとりと。

そして冬。大島さんと八木沼さんがペアで「雪の華」。
ジュンジュンは学園のアイドル アツシをゲットできた模様?

ここだけノリが良かった荒川さんのソロ。
長い布が印象的でした。
日本人ってイナバウアーがホントに好きですね・・・

さあクライマックス。
プリンスチーム総出演のシンクロ。今年は「栄光の架け橋」。
冒頭にはプリンスアイスワールド30年、「いばらの道もありました・・・」に
思わず涙。いばらの道のかけらを知るものとして感慨がありました。
2005年に初参戦したときには二度と見られない覚悟をしていました。
今のフィギュア黄金時代を支えているアスリートに感謝!
美しいシンクロはやはり上から見るのがいいのかも・・・

いよいよエピローグ。
ゲストが次々とキメ技を披露。
村主さんは昨年のフィナーレと同じパープルのコスチューム、キメ技はもちろん
アップライトですね。

やはりフィナーレは正面南側に限りますね。
サイドではちょっと・・・

今年のプリンスチームの紹介順は若い順かな?
青谷さん、西田さんがいてくれてうれしい反面、やはり舛尾さんは卒業
した模様ですね。
うれしさと一抹の寂しさを覚えてフィナーレとなりました。

さあ、いよいよここからお楽しみの”ふれあいタイム”。
今年も楽しみ!!


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2007 新横浜公演 その5 村主章枝ソロ [プリンスアイスワールド]

さて、いよいよ村主さんのソロです。

考えてみれば昨シーズン生で彼女を見たのは1年前のプリンスだけでした。
東京ワールドの出場を逃し、四大陸で首を痛めて棄権。
不本意なシーズンを送った彼女の復調具合がなによりの見所です。

赤のこれまた過激?なコスチュームで登場。
新エキシはシカゴのナンバーです。
いつも通りの豊かな表現力を生かした滑りですが、ジャンプは2Aがシングルに、3Fも抜けて
しまい、まだまだ調整中の感です。

もちろん締めはお約束通り締めて来い!!
たとえ得点にならないと言われても、いつも通り締めないとフミエワールドじゃない!
キャメルからレイバック、シットからチェンジフット、そして空気を躍動させるアップライトへ!
シビレてしまいました。
今シーズンも彼女の滑りが見られることの幸せを感じています。

最後のご挨拶は、これ何でしょう?私は狙撃のポーズに感じたのですが・・・
ハートを打ち抜かれるという月並みな表現で片づけることができるか?

来シーズン、険しい道は続くかもしれないけど、私もこのシーズンはワールドのスタンドに立つ
夢は叶えました。今度は村主さんが世界女王になる瞬間を見るのが何よりの夢です。
若い世代の台頭、ジャンプ合戦に有利なルール。その中で総合力で勝てる日がくるかどうか。
新たなシーズンに期待します。

フミエワールドの旅、来シーズンも続けよう・・・旅の終わりにはまだまだ早い。
誰よりも遅く花が咲いたなら、誰よりも長くやれるはず・・・きっと


nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2007 新横浜公演 その4 第二部突入 [プリンスアイスワールド]

さて、ザンボーニタイムを終えて、第二部です。

第二部のトップバッターは本田君のソロです。
曲はゴッドファーザー。
この曲聞くとプルシェンコを思い出しますが、本田君ならではの味を出しています。

プリンスチームのプログラム、「スケーターズ学園」。
制服着てる西田さんに萌ぇ〜・・・って、ちょっとちょっと・・・確か年齢は・・・
知ってるけどここは女子高生になりきれる彼女はやはりすごい。まだまだ現役でいて
ほしいものです。
恒例通り学校ネタと言えば体育祭でチアガールです。毎年見ていますが、今年もお約束通りですね。
あら、いずみさんが目の前に!!思わず手をふっちゃいました。綺麗だよね〜。
おお、平均台の上滑ってる!こういうギミックもプリンスの楽しみ。
そして鈴木さんと田中さんのジャンプとスピンのこらぼです。
もう・・・鈴木さんカッコイイ!!

あれれ、八木沼さんがショッキングピンクのコスチュームで登場。
高校生になりきってハジケまくっていますが、会場からは・・・確か年齢は・・・
やめようっつーの!
エンターテイナーはいくつにでもなれるからいいのよ!
未だにお客さんのノリ悪いですね。私、周囲から浮いて「イェ〜イ!!」って叫んでました。
グリーンの女装で登場は薄田さん。よっぱらいの次は女装に来るとは役者やの〜
八木沼さんとの掛け合いがなんともサイコー。
学園のアイドルは「アツシ」か・・・
袖をひっぱって破れるのは昨年のバーゲンのアナザーワールド版ですね。
八木沼さんの「なんで〜??!!」でチャンチャン!!
アイドル アツシは××だった・・・てか

さあ、中野さんのソロです。
今年の衣装は従来とガラリと変えて、これなんでしょう?
衣装はどうあれ、ドーナツスピンの描くシルエットは圧巻。

プリンスチームのダンスホール。
ロックンロールからタンゴ、春の声からワンナイトオンリーへ。
少しギミックというかサプライズというか、ひと味足りません。
でもステップの華麗さは特筆です。

ここで織田信成見参!!
なんか織田君は泣いてばかりいる印象がありますが、やはり「鳴かぬなら殺してしまえ
ホトトギス」の家系なので、殺されないように泣いているのか・・・(あれは単に後世の歴史家が
・・・ツッコむなって)勢いというのかスピードが凄いです。
今日は3-3-2のジャンプですね。ワールドでは4つ目を飛んでしまったのですが、今日はエキシなので
4つ目やってくれるかなとむちゃくちゃな期待はものの見事に裏切られ(当たり前か・・・)、
元気いっぱい魅せてくれました。

さあ、次はいよいよ村主さんのソロ、生で見るのは1年ぶり。
次回、今年もソロで書きます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2007 新横浜公演 その3 まだまだ続く第一部 [プリンスアイスワールド]

別人ハジケモード全開で第一部も最高潮です。

プリンスの常連、エレナ&アンドレのペアです。
初めて見たときはプロペアの何でもありの大技に目を丸くしたものです。
ダイナミックなリフト、ぶんぶん振り回しとユニゾンは健在です。
それにしても最近プロはもとよりアマチュアペアでもフルアラビアンって見られなくなりましたね。
昔はけっこうやっているペアが多くて、感動していたのですが・・・

次はPIWチームのレストラン。
まずはドリンクでコーヒールンバ。テーマを考えれば??ですが、プリンスチームの演技は好きです。
お、坂頂みなみちゃんもいますね。さすがにダンスステップはすばらしい。
和服で茶っきり節ですか。今の季節ですから季節感ありですね。
チャイナドレスで中国茶、衣装は決まってるからまあいいか。
そして、男性陣のビール。薄田さんは酔っぱらいをやらせたら右に出る者はいないようです。
酔っぱらってもバックフリップ決めています。
西田さん、いずみさんも元気ですね。

さあ、我らがジュンジュンのソロです。
ああ、鳥肌!!!
ジャズ系のナンバーでしっとり?とハジケています。

次のテーマはブックショップ。大きな本が出てくる。
オズの魔法使い、ドロシーは恩ちゃん。プロの受け皿があってよかったと思います。
ライオンの衣装で回る回るは岳野さんかな?
サーシャスパイラルと3人一緒のスパイラル、魅せてくれますね。

屋根の上のヴァイオリン弾き、鈴木くん登場です。
彼は男から見てもかっこいいです。足が長い!!
以前、村主千香さんのコーチでもあった彼は大島さん、薄田さんと並んで男性キャストでは
大好きなキャストです。

スーパーマン、いかにもオヤジスタイルの松橋さんがまったく強そうに見えない。
これで悪魔から美女を守れるのか?
細かく見てるとけっこう細かい振り付けに趣向があって面白い。
今回は西の32番席でかなりスクリーン寄り。
サイドから見る楽しみも見つけてしまったえっくすでした。

次はドンキホーテだったかな?ここ印象薄いです。
ごめんなさい。

締めは80日間世界一周。
なんか某シングルスケーターがフラッシュバックする曲ですが、プリンスではまた別の世界を
醸し出してくれます。
曲のイメージって凄いですね。ワールド終わってから2ヶ月ですが、日立のテレビのCM見ると
つい手拍子したくなります。

さて、第一部のラストは世界選手権銀メダリスト 大輔登場。
プログラムはもちろん、タンゴ ド ロクサーヌ。
ワールドの時は2階席から見たが、間近で見るとこれまたダイナミックというよりは繊細な
技に魅せられる。フリー世界一の実力まざまざであった。

それにしてもやはりEXシートは寒い!
30周年記念のブランケットは開封せずに持ち帰ろうと思ったが、寒すぎます。
足裏カイロは持参したものの装備はしていない。足首からひざは遠赤サポーターでガードしたものの
ひざから腰が寒い。しかたない。開封しました。

めでたく第一部終了!!


nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2007 新横浜公演 その2 開演のベルが鳴る [プリンスアイスワールド]

いろいろやってるうちに開演の時刻となりました。

防寒装備は完璧。今年も氷上のエキサイティングシートです。

”キンコンカンコンキンコンカンコン・・・”開演のベルが鳴るとつい手拍子したくなりますが、
今日のお客さんノリがイマイチですね。

ティアラをつけた八木沼さんが登場。やはりこの人は実況席より氷の上が一番綺麗ですね。
今年は「スケーターズ ドリームタウン」のナビゲータだそうです。
確か昨年は夢を売る百貨店のゼネラルマネージャ、一昨年は夢航海のキャプテン。
今年は少し格下げの感?
オープニングの曲はカノン、ワールドでのカロちゃんのSPを思い出します。
でも、このオープニング、短すぎますね。もう少し欲しいですね。
でも西田さんも元気、青谷さんも綺麗。大島さんも復帰。
あ、あれはもしや坂頂みなみさんですね。
うれしいですね。あれ?舛尾さんいない・・・

ここで荒川さんと本田君のペアというよりはコラボ。2人でシングルやっているような感じです。

プリンスチームの群舞、スケーターズドリームタウンの住人たち。
なんじゃこの派手な警官はペッパー警部に乗って、松永さんと加藤さんかな?
松永さんは京都きもの友禅のCMにも出ていましたね。
郵便屋さんが自転車に乗って登場。スケート靴はいたままです。乗れるのがすごい。
しかもちゃんと走っています。

お寿司屋さんあり、公園ありで楽しい街。
なぜにここでMotorManが出るのか?つり革につかまった群舞とメイド服、オタク中年?
だんだん分からなくなります。

夜の世界ではいきなり「♪アツシです・・・」、昨年の「あつ〜し〜・・・」に続いてパクリが
うまい。大島さん、お帰りなさい!!!昔の迫力はないですが、存在感ありますね。
身体に気をつけて欲しいものです。

さあ、今年からプロデビューした恩ちゃんのソロです。
冒頭のフリップが「あ〜スピード落ちてる」と思ったら転倒でしたが、しっとり魅せてくれましたね。
活躍を期待します。

第一部は順調に進んでいますが、それにしてもノリが悪い。
私、完全に周囲から浮いています。
まあ、周りは二度とは会わぬ人・・・じゃなかったんだ。今回は・・・真後ろに知人がいたんですね。
ええい、フィギュア見てる私は別人ということで・・・

(つづく)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2007 新横浜公演 その1 開演まで [プリンスアイスワールド]

今年のプリンスアイスワールドは5月5日に参戦しました。

5月1日から都内を散策して、3〜5日は名古屋方面に出かけて、5日の日は新横浜へ移動とかなりハードな
日程をこなしていました。
今年もエキサイティングシートなので防寒装備を持参して大荷物での旅となりました。
新横浜到着は12時半、開演まで1時間半ありますが、お茶をしたり周辺のお店を冷やかしたりして
あっという間に開場時刻。
今年は全席指定のため、昨年のような大行列もありませんが、早く会場に入って空気を満喫したい
との思いから行列に参加。

中に入れば、やはりそこはアイスワールドの本拠地。
懐かしいワクワクする空気で一杯です。

今年のグッズはイマイチなのでパス。

会場で昔の同僚で今はバス会社を経営する人に遭遇。社長自ら添乗してきたとのこと。
しかも、座席は私のすぐ後方。
フィギュア観戦している私は別人なので今回は「周りは二度とは会わぬ人」というわけには
いかないようですが、思い切り楽しい日にしようと思いました。

防寒装備を固めて、さあいよいよ開演のベルが鳴る・・・・


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2007新横浜公演観戦を終えて [プリンスアイスワールド]

昨日は新横浜でプリンスアイスワールド新横浜公演”スケーターズ ドリーム タウン”を
観戦してきました。
あまりにも疲労が(でも心地よい)激しく本格的に書こうという気になりません。
今日は休養します。
おかげさまで村主さんに贈り物(安物ですが)ができて、握手して
いただけて、幸せでした。
握手していただいたときは、なぜか思わず涙ぐんでしまいました。
なぜ?とも思いましたが、昨シーズンを思うとこみ上げるものがあったのかと勝手に
思っています。

新横浜公演も今日で千秋楽。
八木沼さんをはじめ、キャストのみなさん、そしてゲストのみなさんも怪我無く
元気で終えてほしいものです。
詳しくはまた書こうと思います。

あ、私が旅に出ている間に当ブログの総アクセス数が20万を越えていました。
来週で開設2周年となりますが、まずは私の駄文につきあって下さるみなさん、時には
辛口のご指摘をくださるみなさんに感謝を申し上げます。


nice!(2)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンスアイスワールド2007開幕によせて [プリンスアイスワールド]

もう昨日からになっていますが、プリンスアイスワールド2007新横浜公演が開幕しました。
PIWも1978年に佐野さんがビバ!アイスワールドとして立ち上げてから30周年
の記念すべき年になります。

私は5月5日の午後に参戦の予定です。

これで3年目の参戦となりますが、この3年は激動の3年だった気がします。

2005年5月 夢航海 最後になるかも知れない危惧
2006年5月 荒川さんの金メダルのおかげでチケットは秒殺。自由席の行列がすごい。

そして2007年5月 ブームは続いているがチケット値上げもあるのか、少し落ち着いて感じ。
真価が問われる年になりそうです。

今年は本田くんや恩田さんも加わって楽しみな内容。
そして何より村主さんの復調具合が気になるところ。
昨年、腰を痛めていた大島さんも復活したもよう。

今年もエキサイティングシートがゲットできて、大荷物にもめげずに横浜まで遠征です。


- | 次の15件 プリンスアイスワールド ブログトップ